ラシャド・エヴァンス、プエルトリコでボクシング界のレジェンドと交流

プエルトリコを訪問中のラシャド・エヴァンス、元ボクシング王者で国民的ヒーロー、フェリックス・ティト・トリニダードと交流
 3月下旬にプエルトリコを訪問していたラシャド・エヴァンス。現地時間3月30日には、ファンとメディアに向けて公開練習を行った。そこで彼は3階級制覇のボクシング界のレジェンド、フェリックス・ティト・トリニダードの訪問を受けた。

 日本時間4月22日にジョージア州アトランタ、フィリップス・アリーナにて開催されるUFC145のメインイベントとして予定されている、無敗のUFCライトヘビー級チャンピオン、ジョン・ジョーンズと、その元友人であり現在ではライバルとなってしまったエヴァンスの一戦は、2006年のチャック・リデルvsティト・オーティズ以来のドラマティックな一戦になることが期待されている。

 元ライトヘビー級チャンピオンであり、タイトル奪還を目指すラシャド・エヴァンスはこう語った。

 「プエルトリコ訪問は2005年からしており、俺のUFCキャリアの中でも一番クレイジーな出来事だ。ファンのみんなもクレイジーで、一体感を感じられてよかった。ティトは、俺がお手本にして育ったファイターの一人だった。彼は常にプレッシャーをかけ続け、動き続け、戦いをヒートアップさせる。そんな彼のスタイルを取り入れようとしてきた。そんなティトと会えたことは本当にうれしい。いつもTVで彼の試合を見て、その舞台裏に迫る番組も見ていたから、今度は逆の立場で訪問を受けられてうれしい」

 フェリックス・“ティト”・トリニダードは元ボクシング世界チャンピオンでプエルトリコの英雄だ。

 そのティトは「MMAとUFCは世界を席巻しているし、ここプエルトリコでも大人気だ。みんな『熱い血』を持っているしね。格闘技が好きで、UFCも大好きだ」「MMAファイターのトレーニングをする予定は今のところないけど、でもプエルトリコ人の選手なら喜んで手伝いたい。誰であれ、プエルトリコ人なら、僕はボクシング面でのお手伝いをしたいね」とコメント。MMA界進出に向けて、前向きな言葉を残している。

メディア

最新
ドミニク・クルーズ、セザール・フェレイラ、ギルバート・バーンズが今週末に開催されるUFNバルエリ大会に併せて開催されたファンイベントに集結したファンのサイン攻めとフォトセッションに応じる。
2014/12/18
UFC Fight Night Barueri Media Day and Open Workouts at Allianz Parque on December 18, 2014 in Sao Paulo, Brazil. (Photos by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)
2014年は乱気流に飲み込まれた元UFCバンタム級王者のヘナン・バラオ。バラオはバルエリ大会のミッチ・ゲイグノン戦で仕切り直しをする計画だ。ゲイグノン戦に備えるバラオのトレーニング・キャンプの様子を見てみよう。
2014/12/18
UFCミニッツのホスト、リサ・フォイルズがデレク・ブランソン vs. エド・ハーマン、マーク・ムニョスの対戦相手情報、そしてデイナのダウンロードの最新エディションに関する情報を解説。
2014/12/18