新ライト級王者誕生、無敗で頂点に上り詰めたヌルマゴメドフ

UFC PPV コメント 試合結果
UFC 223:ハビブ・ヌルマゴメドフ vs. アル・アイアキンタ【アメリカ・ニューヨーク州ブルックリン/2018年4月7日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFC 223:ハビブ・ヌルマゴメドフ vs. アル・アイアキンタ【アメリカ・ニューヨーク州ブルックリン/2018年4月7日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間4月8日(日)、アメリカ・ニューヨーク州ブルックリンのバークレイズ・センターにてUFC 223が開催され、メインイベントでライト級王座をかけてハビブ・ヌルマゴメドフがアル・アイアキンタと対戦した。

開始早々から距離を詰めたアイアキンタに対し、ヌルマゴメドフはタックルを仕掛けてテイクダウンを奪う。マウントポジションを確保したヌルマゴメドフは背後を取ってチョークを狙った。何とか逃れたアイアキンタだが、ヌルマゴメドフの優勢は変わらず、ケージ際で相手の体をがっちりととらえて離さない。足を取り、マットに倒したヌルマゴメドフは高い位置からパウンドを浴びせ、またも逃げようとするアイアキンタを追いかける。

最初の5分をしのいだアイアキンタは第2ラウンドでもヌルマゴメドフのタックルを浴び続けたものの、必死の抵抗で技をかけさせない。それでも、優位な体勢を取り続けたヌルマゴメドフは馬乗り状態でパウンドを浴びせつつ、チョークを仕掛けるチャンスを待った。一度目の危機を乗り越えたアイアキンタは反撃こそできなかったが、逃げ切っている。

ヌルマゴメドフのスキを探るアイアキンタは相手のタックルを防ぎ、時折、鋭いパンチを繰り出した。ヌルマゴメドフの強打を顔面に食らって鼻血を流しながらもタフさを見せるアイアキンタに地元ニューヨークのファンが沸く。ヌルマゴメドフにローキックを狙われた際にはジャブを返して一撃を食らわせてもいる。ヌルマゴメドフ優勢の下馬評をよそに、第3ラウンドも乗り越えた。

ヌルマゴメドフのパンチを受けてもひるまず、自らも攻撃を仕掛けていったアイアキンタがシングルレッグを取りにいった4ラウンド目、手数を増やすヌルマゴメドフだったが、決め手に欠き、フィニッシュの体勢に持ち込めない。

ついに迎えた最終ラウンドは動きの鈍ったヌルマゴメドフからアイアキンタが有効打を奪い始める。顔やボディを狙ってコンビ技を繰り出すアイアキンタに対し、ラウンド中盤からペースを上げたヌルマゴメドフが連打で襲いかかり、ケージ際で背後を取るとリアネイキドチョークの体勢に持ち込んだ。しかし、最後まで技を決めきれず、代打の代打としてタイトルマッチに緊急登板したアイアキンタが強敵ヌルマゴメドフを相手にフルラウンドを戦い抜いた。

ジャッジの判定はユナニマスでヌルマゴメドフの勝利が支持され、通算26勝無敗の王者が誕生した。ヌルマゴメドフはこれでUFC10連勝を達成している。

ライト級タイトルマッチ 5分5ラウンド
○ハビブ・ヌルマゴメドフ vs. アル・アイアキンタ●
判定3-0(50-44、50-43、50-43)

ハビブ・ヌルマゴメドフ


「父なしではここにいられなかった。まずはそれを言わないと始まらない。コーチのハビエルが本当にたくさんのことを教えてくれた。チームのみんなのおかげで世界一にしてもらったと思っている。俺たちみたいなチームは世界でも他にいない。みんなから学んでもっと成長できるようにがんばっている。ジョルジュ・サン・ピエールが言っていたように、“黒帯を持っていようが、白帯のように考えるべき”だってね。今度は11月のマディソン・スクエア・ガーデンでジョルジュ・サン・ピエールと戦いたい。代わりに戦ってくれたアイアキンタには感謝している。あいつは真のブルックリンのギャングスターだ。全力で戦いたい。今すぐ、30分の休憩をもらって水を少し飲ませてもらえれば誰とだって戦える。問題ない」
Facebook Twitter LINE

NEXT MATCH次の試合

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY