ランキング10位のモラガが6位ヘイスを撃破

UFCファイトナイト コメント 試合結果
UFCファイトナイト・アリゾナ:ウィルソン・ヘイス vs. ジョン・モラガ【アメリカ・アリゾナ州グレンデール/2018年4月14日(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFCファイトナイト・アリゾナ:ウィルソン・ヘイス vs. ジョン・モラガ【アメリカ・アリゾナ州グレンデール/2018年4月14日(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間4月15日(日)、アリゾナ州グレンデールにあるヒラ・リバー・アリーナにてUFCファイトナイト・アリゾナが開催され、ウィルソン・ヘイスとジョン・モラガのフライ級マッチが行われた。

早々にモラガに打ち込んでいったヘイスはテイクダウン狙いの姿勢を見せつつも、ローキックで削りながらジャブを繰り出していく。タックルを仕掛けたところでモラガに首を取られたヘイスだが、その状態から相手の体を持ち上げてテイクダウン。モラガも必死に腕に力を入れていったものの、柔術使いのヘイスはモラガの攻撃を物ともせずに反撃に出る。スタンディングに戻った後、最後にもう一度、ヘイスがテイクダウンを決めるも、モラガもうまく対応している。

第2ラウンドもヘイスがマウントポジションを取り、試合をコントロールしにかかったが、打撃戦ではモラガが鋭い膝蹴りを決め、ヘイスにはダメージを受けた様子がうかがえた。それでも、モラガを倒して上のポジションを確保したヘイスは背後にまわってチョークを狙う。モラガはそれをうまく切り返して逃れている。

モラガの防御に遭いながらも果敢にタックルを決めてテイクダウンを取るヘイスは逃げるモラガに食らいつき、終盤はボディをロックしてチョークを仕掛けるタイミングを待った。結局、15分間で勝負はつかず、結果はジャッジに委ねられることに。

3名のジャッジはユナニマスでモラガの勝利を支持している。

フライ級マッチ 5分3ラウンド
●ウィルソン・ヘイス vs. ジョン・モラガ○
判定0-3(28-29、28-29、28-29)

ジョン・モラガ


「いい試合だったと思う。とにかく自分らしく、流れをつかみたかった。自分のゲームプランには自信があったし、ウィルソンが試合にどんなことを持ち込もうと俺は受けるだけだった。とてもタフな相手だから、とにかく、みんなが試合を楽しんでくれていることを願っている。前にフェニックスで試合をしたことがあるんだ。観客からこんなにもたくさんの声援を受けられるなんて最高の気分だ」
Facebook Twitter LINE

NEXT MATCH次の試合

チケット
オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY