激しい打撃戦でゲイジーをKOしたポワリエ、タイトル戦を要求

UFCファイトナイト コメント 試合結果
UFCファイトナイト・アリゾナ:ダスティン・ポワリエ vs. ジャスティン・ゲイジー【アメリカ・アリゾナ州グレンデール/2018年4月14日(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFCファイトナイト・アリゾナ:ダスティン・ポワリエ vs. ジャスティン・ゲイジー【アメリカ・アリゾナ州グレンデール/2018年4月14日(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間4月15日(日)、アリゾナ州グレンデールにあるヒラ・リバー・アリーナにてUFCファイトナイト・アリゾナが開催され、メインイベントでダスティン・ポワリエ対ジャスティン・ゲイジーのライト級マッチが行われた。

ポワリエが右のジャブを放ち、ゲイジーがローキックで応じた序盤、足元を狙うゲイジーのスキを突いてパンチを当てていくポワリエはボディショットを織り交ぜながらコンビネーション技で追い込んでいく。すでに左目の辺りから流血が確認されたゲイジーは相手の打撃を浴びつつも笑顔を見せていたが、ダメージの蓄積は明らかだ。ゲイジーが時折、鋭いジャブやカウンターを当てていくものの、有効打はポワリエの方が多い。

激しい打ち合いは第2ラウンドも継続され、相手の指が目に入って痛がったポワリエだが、一時中断が明けると一気にペースを上げてゲイジーに襲いかかる。それに対応しようとゲイジーも打ち込み、ポワリエが狙ったテイクダウンも退けた。ラウンド終盤にはゲイジーが強烈なエルボーをヒットさせてポワリエにダメージを与えている。

互いに消耗が激しく見られた第3ラウンド、積極的に前に出てくるゲイジーをポワリエがテイクダウンするも、すぐにスタンディングに戻って打撃戦を再開した。エルボーからアッパーカットを当てたゲイジーがポワリエを徐々に追い詰めていったが、ポワリエも途中で盛り返している。再びアイポークを犯したゲイジーには1ポイントの減点が宣告された。ラウンド終了を告げるホーンと共に、今度はポワリエの指がゲイジーの目に入ってしまったようだが、ラウンドはそのまま終了となり、インターバルを迎える。

このままフルラウンドにもつれ込むかと思われたものの、次のラウンドが始まってすぐ、ポワリエの左カウンターがクリーンヒットし、ふらつくゲイジーに追い打ちをかけたポワリエがゲイジーをケージに追い込みながらさらに連打を食らわせてフィニッシュ。レフェリーが制止しており、ポワリエのTKO勝利となった。

ライト級マッチ 5分5ラウンド
○ダスティン・ポワリエ vs. ジャスティン・ゲイジー●
4ラウンド(0分33秒)TKO

ダスティン・ポワリエ


「ファンのブーイングは分かる。でも、俺たちはみんなのためにオクタゴンですべてを出し尽くした。ジャスティンは戦士だ。ハーブ(ディーン/レフェリー)が今回のように間に入るまで止まることもなかっただろう。2階級で戦ってきた。今回がUFCで20戦目だ。ノックダウンを奪い、ノックアウトし、また立ち上がる。逆境に立ち向かうようなものだった。自分がちゃんと手に入れるまでは何かを求めたこともない。だから、デイナ(ホワイト)、ショーン(シェルビー)・・・ハビブ(ヌルマゴメドフ)、やろうぜ!」
Facebook Twitter LINE

チケット
オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY