中村、マーティンに判定で敗れる

UFCファイトナイト コメント 試合結果
UFCファイトナイト・アトランティックシティ:トニー・マーティン vs. 中村K太郎【アメリカ・ニュージャージー州アトランティックシティ/2018年4月21日(Photo by Patrick Smith/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFCファイトナイト・アトランティックシティ:トニー・マーティン vs. 中村K太郎【アメリカ・ニュージャージー州アトランティックシティ/2018年4月21日(Photo by Patrick Smith/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間4月22日(日)、ニュージャージー州アトランティックシティのアトランティックシティ・ボードウオーク・ホールでUFCファイトナイト・アトランティックシティが開催され、オープニングマッチでウェルター級のトニー・マーティンと中村K太郎が対戦した。

中村がジャブを打ち込んだ直後にワンツーをヒットさせたマーティンは、ボディショットを受けながらもさらに右の強打を浴びせて膝をつかせる。すぐに立ち上がったものの、さらに2度ほど右の豪拳を食らってしまった中村はラウンド終盤にタックルからテイクダウンを取りにいった。ただ、相手に首を取られ、耐え忍ぶ格好で最初の5分を乗り切っている。

第2ラウンドには中村もローキックやジャブなど有効打を重ねたが、サウスポーに構えた中村が前に出るタイミングでマーティンが右のストレートをヒットさせていく。このラウンドも残り10秒を切って中村がテイクダウンを仕掛けるも、マーティンが首を抑える展開となった。

インターバル中、中村の動きが「スローすぎる」とセコンドに訴えていたマーティンに対し、最終ラウンドは前半からテイクダウンを狙った中村。マーティンの防御を退けて優位な体勢に入った中村だったが、マーティンがうまく逃げてスタンディングに戻る。しばらく見合う時間が続いた後、残り1分を切って再び中村がテイクダウンを取り、反撃のチャンスを得ようとしたものの、技を仕掛けるには至らずに試合終了を告げるホーンが鳴った。

3名のジャッジはいずれもマーティンの勝利を支持し、中村の連勝はかなわなかった。

ウェルター級マッチ 5分3ラウンド
○トニー・マーティン vs. 中村K太郎●
判定3-0(30-27、30-27、30-27)

トニー・マーティン


「圧倒的なパフォーマンスだったと思う。次は自分について来て、もっと勝とうとする人とやりたい。右を当てたら相手がもっと死に物狂いでくるかと思ったんだけどね。何度かダメージを与えたし、襲いかかろうとしたけど、コーチが落ち着けと言っているのが聞こえたんだ。ウェルター級ではこれが初めてだったし、自分がどう対応するかを見たかったんだと思う。ペースをプッシュしすぎてほしくなかったんだろう。この試合後はもっとやらなきゃいけないことがある。もっと重くして筋肉も増やしていく。次の試合も圧倒したいからね」
Facebook Twitter LINE

NEXT MATCH次の試合

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY