ジョーンズを退けてスターリングが勝利

UFCファイトナイト コメント 試合結果
UFCファイトナイト・アトランティックシティ:アルジャメイン・スターリング vs. ブレット・ジョーンズ【アメリカ・ニュージャージー州アトランティックシティ/2018年4月21日(Photo by Patrick Smith/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFCファイトナイト・アトランティックシティ:アルジャメイン・スターリング vs. ブレット・ジョーンズ【アメリカ・ニュージャージー州アトランティックシティ/2018年4月21日(Photo by Patrick Smith/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間4月22日(日)、ニュージャージー州アトランティックシティのアトランティックシティ・ボードウオーク・ホールでUFCファイトナイト・アトランティックシティが開催され、バンタム級のアルジャメイン・スターリングとブレット・ジョーンズが対戦した。

序盤はスターリングがハイキックを繰り出す一方、ジョーンズはカウンターからのコンビネーション技でスターリングに襲いかかる。スターリングが相手のスキをついて組み付き、テイクダウンを取ったところ、一度はジョーンズに返されかけたが、うまくプレッシャーをかけてマウントポジションを確保。立ち上がった後も膝蹴りを入れながらチャンスを狙ったスターリングは残り10秒で相手の首を取ったものの、フィニッシュには至っていない。

第2ラウンドを迎えて少しペースを上げた様子のジョーンズはコンビネーションを決めた後、飛び膝蹴りでダメージを食らわせ、さらにタックルを仕掛けていった。打撃戦が再開されると、互いに強烈なパンチを繰り出した後、スターリングがジョーンズを押し倒してボディショットを浴びせている。ケージ際の攻防はこう着状態となり、ブレイクが指示され、その後はスターリングがアッパーカットやハイキックなどを繰り出せばジョーンズはワンツーやジャブで応戦した。

最終ラウンドはテイクダウンを狙うスターリングが背後にまわりながらも、ジョーンズが持ちこたえて相手の好きにさせない。組み付いたまま体を離さなかったスターリングだが、残り1分になって一度距離を取った後、再びテイクダウンを仕掛けて背後を取り、連打を浴びせて試合終了を迎えた。

判定の結果、ユナニマスでスターリングが白星を手に入れている。

バンタム級マッチ 5分3ラウンド
○アルジャメイン・スターリング vs. ブレット・ジョーンズ●
判定3-0(30-27、30-27、30-27)

アルジャメイン・スターリング


「前回の試合は自分にとって大きな収穫があった。今回の試合はみんなに自分がここにいること、世界中のバンタム級ファイターで俺が最高の一人であることを示したかった。ずっと憧れてきた人がいる。でも、アイドルがライバルになる瞬間も来るんだ。ドミニク・クルーズ、試合しようぜ。今回の試合は決定的な瞬間を見つけられるかどうかだったし、こういう打撃戦はうまいタイミングを狙わないといけない。前の試合は慌ててしまい、自分らしくなかった。捕まってしまったんだ。とにかく自分らしさを取り戻して、ベストを尽くして戦おうと思った。ファンクマスタータイムさ。ハビブタイムってのがあるんだろ。でも、ファンクマスタータイムはちょっと違う。ブレットはタフなヤツだ。タフで粘り強いってことは分かっていた。大躍進を遂げようとハングリーだったけど、今回は俺の番だ。ブレットはきっとさらに優れたファイターとしてカムバックするはずだ。それはまったく疑いの余地がないと思っている。さっきも言ったけど、まだファンクマスタータイムだし、ベルトを狙っていく」
Facebook Twitter LINE

NEXT MATCH次の試合

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY