強敵スワンソンを相手にエドガーが地元がい旋勝利

UFCファイトナイト コメント 試合結果
UFCファイトナイト・アトランティックシティ:フランキー・エドガー vs. カブ・スワンソン【アメリカ・ニュージャージー州アトランティックシティ/2018年4月21日(Photo by Patrick Smith/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFCファイトナイト・アトランティックシティ:フランキー・エドガー vs. カブ・スワンソン【アメリカ・ニュージャージー州アトランティックシティ/2018年4月21日(Photo by Patrick Smith/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間4月22日(日)、ニュージャージー州アトランティックシティのアトランティックシティ・ボードウオーク・ホールでUFCファイトナイト・アトランティックシティが開催され、セミメインイベントでフランキー・エドガーとカブ・スワンソンによるフェザー級マッチが行われた。

開始と同時に近づいた両者は相手の動きを見ながらパンチやキックを繰り出していく。スワンソンの打撃をかわしたエドガーがボディショットを当てて相手をケージに押し込むが、すぐに立て直したスワンソンも有効打を得てリズムを取り戻した。残り10秒の合図を聞いてスワンソンが回し蹴りで襲いかかるもヒットはせず。

前戦で共にブライアン・オルテガに敗北を喫したものの、巧みな技術を誇るベテランのエドガーとスワンソンはどちらも一歩も引かない姿勢を貫いた。スワンソンは手数がやや少なくなっていたが、エドガーのシングルレッグを退けた後、テイクダウン狙いの動きもつぶして対応している。エドガーは時折、鋭いハイキックを放っているものの、大きなダメージを与えるほどではない。ラウンド終盤にはスワンソンが力強いフックのコンビ技をヒットさせた。

第2ラウンド終盤から流れをつかみ始めた様子のスワンソンが最終ラウンドも勢いに乗り、攻めあぐねるエドガーにパンチを当てていく。ボディショットを食らったエドガーも足技で応戦し、蹴り出してきた相手の足を捕らえてケージに押し込み、テイクダウンを狙っていったが、ここでもスワンソンがそれを防いだ。残り1分を切ると両者とも最後の力を振り絞って激しく打ち合う。フルラウンドで決着せず、ジャッジに委ねられた結果はユナニマス判定でのエドガー勝利だった。

フェザー級マッチ 5分3ラウンド
○フランキー・エドガー vs. カブ・スワンソン●
判定3-0(30-27、30-27、30-27)

フランキー・エドガー


「カブは最高の仕事をした。もっと圧倒的なパフォーマンスを見せたかったけど、カブに脱帽さ。今回は俺が向こうを追いかけさせられた。テイクダウンを成功させるのが難しくなっていたけれど、打撃では上回っている。カブがストライカーでこっちがグラップラーのはずだったんだけど、立ちで彼を打ち負かした。タイトル挑戦権をもらって、リスクも犯した。ブライアン・オルテガ戦は本当にうまくやれていたけど、一発でやられてしまった。ホロウェイとオルテガの勝者とやりたい。どうなるかは見てみないと分からないけど。少し休む。2試合続けて戦ったからね。2人の試合でどうなるかを見て、そこから進もう」
Facebook Twitter LINE

NEXT MATCH次の試合

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY