ケレハーをKO、リネカーが激しい打ち合いを制す

UFC PPV コメント 試合結果
UFC 224:ジョン・リネカー vs. ブライアン・ケレハー【ブラジル・リオデジャネイロ/2018年5月12日(Photo by Buda Mendes/Zuffa LLC/Zuffa LLC)】
UFC 224:ジョン・リネカー vs. ブライアン・ケレハー【ブラジル・リオデジャネイロ/2018年5月12日(Photo by Buda Mendes/Zuffa LLC/Zuffa LLC)】
日本時間5月13日(日)、ブラジル・リオデジャネイロのジュネス・アリーナにてUFC 224が開催され、ジョン・リネカー対ブライアン・ケレハーのバンタム級マッチが行われた。

試合が始まってすぐ、パンチを当てていったリネカーに対し、ケレハーも打撃で応戦。ケレハーのジャブがヒットした際にはリネカーの足元がぐらついたが、何とかこらえて試合を続けている。徐々にスピードを上げて打ち合いに展開するも、リネカーの打撃をまともに食らったケレハーがダウンを喫し、追い打ちをかけにいったリネカーがマウントポジションを取った。すぐにスタンディングに戻ると、ケレハーは裏拳で反撃の糸口を探ったものの、リネカーが耐えて逆にケレハーがバランスを崩すシーンもあった。




続くラウンドも激しい打ち合いが繰り広げられ、リネカーがワンツーを当てればケレハーもジャブを打ち込んで有効打を稼ぐ。手数はリネカーの方が多いものの、ケレハーは要所で強力なパンチを放っており、一進一退の展開だ。残り1分を切ると、やや疲れの見えるリネカーが背後からケレハーに組み付くも、すぐに体を離して顔面への打撃を繰り出した。

第3ラウンド開始直後、相手の首を捕らえたリネカーはチョークを決めにかかるも、ケレハーにケージに押し込まれて技が解かれる。立ち上がり際、ケレハーがお返しとばかりに首を取りにいくも、リネカーが逃げて再び打ち合いに。ラウンド終盤には相手のアゴに数発をヒットさせ、フィニッシュを狙っていったリネカーが、それまで懸命に耐えていたケレハーに渾身の左フックをクリーンヒットさせ、ダウンを奪ってノックアウト勝利を遂げた。




バンタム級マッチ 5分3ラウンド
○ジョン・リネカー vs. ブライアン・ケレハー●
3ラウンド(3分43秒)KO

ジョン・リネカー


「拳が戻ってきた。“ハンズ・オブ・ストーン”のニックネームをもう一度とどろかせるためには、こういうノックアウトが必要だった。ブラジルで戦うのは本当にうれしい。ファンも助けてくれるしね。アリーナの中にたくさんのエネルギーがみなぎっている。ファンのためにショーを見せるのが好きだ。俺がやっているのはそういうこと。対戦相手については誰も思いつかないけど、もう一度、タイトルに近づくためにトップ5の人とやりたい。目標はタイトルだから、それを追い求める自分を止めるT.J.ディラショーへの挑戦は敗北じゃない」
Facebook Twitter LINE

チケット
オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY