ボテーリョが強烈なボディショットで快勝、近藤は初黒星

UFCファイトナイト コメント 試合結果
UFCファイトナイト・チリ:ポリアナ・ボテーリョ vs. 近藤朱里【チリ・サンティアゴ/2018年5月19日(Photo by Buda Mendes/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFCファイトナイト・チリ:ポリアナ・ボテーリョ vs. 近藤朱里【チリ・サンティアゴ/2018年5月19日(Photo by Buda Mendes/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間5月20日(日)、チリ・サンティアゴのモビスター・アリーナにてUFCファイトナイト・チリが開催され、オクタゴン2戦目を迎えた近藤朱里がポリアナ・ボテーリョとの女子ストロー級マッチに挑んだ。

試合開始の合図を聞いてすぐにハイキックを繰り出したボテーリョに対し、近藤は落ち着いて対処したように見えたが、強烈なボディキックを受けて後退してしまい、そこにボテーリョの右フックがさく裂、ケージ際で腰をついた近藤に連打を浴びせ、抵抗できなくなったところをレフェリーが止めに入り、ボテーリョのTKO勝利が決まった。

近藤は試合後、『Twitter(ツイッター)』にメッセージを投稿し、「ごめんなさい。試合負けてしまいました。また一から頑張ります。応援してくれたみなさん本当にありがとうございました!」とファンに感謝を述べている。




女子ストロー級マッチ 5分3ラウンド
○ポリアナ・ボテーリョ vs. 近藤朱里●
1ラウンド(0分33秒)TKO

ポリアナ・ボテーリョ


「UFCではこれでまだ2戦目。試合までこんなにも待たされるなんてがっかりだったけど、その一方でトレーニングに励んだわ。キャット・ジンガノとの試合があったケトレン・ヴィエラとトレーニングしていて、いつも彼女のキャンプを手伝っていたし、ジムのみんなもそう。だから、100%準備はできていたし、この3カ月は今回の試合のこと以外は何も考えてこなかったもの。最高のパフォーマンスを披露する準備はできていた。この後はランキングに入っている人と戦いたい。ランカーを用意してくれるのなら誰でもいい。フェリス・ヘリッグ、マッケンジー・ダーンとか、誰でもいいわよ」
Facebook Twitter LINE

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY