3分弱でグラッソからタップを引き出したスアレス

UFCファイトナイト コメント 試合結果
UFCファイトナイト・チリ:アレクサ・グラッソ vs. タティアナ・スアレス【チリ・サンティアゴ/2018年5月19日(Photo by Buda Mendes/Zuffa LLC/Zuffa LLC)】
UFCファイトナイト・チリ:アレクサ・グラッソ vs. タティアナ・スアレス【チリ・サンティアゴ/2018年5月19日(Photo by Buda Mendes/Zuffa LLC/Zuffa LLC)】
日本時間5月20日(日)、チリ・サンティアゴのモビスター・アリーナにてUFCファイトナイト・チリが開催され、女子ストロー級のアレクサ・グラッソとタティアナ・スアレスが対戦した。

早い段階からタックルを仕掛け、背負投気味にグラッソを押し込んだスアレスはケージを使って立ち上がろうとする相手をさらに引きずり倒す。グラッソは必死に逃げたが、うつ伏せになったところをひっくり返され、チョークを決めたスアレスがタップを引き出して一本勝ちを収めた。

女子ストロー級マッチ 5分3ラウンド
●アレクサ・グラッソ vs. タティアナ・スアレス○
1ラウンド(2分44秒)サブミッション(リアネイキドチョーク)

タティアナ・スアレス


「ものすごく必死にトレーニングしてきた。今回の試合は10週間か12週間くらい手前に決まっていたから、かなり長いキャンプができたの。勝ててとにかくうれしい。チームもコーチも私にものすごくたくさんの時間をかけてくれたから。みんなや家族にも誇りに思ってもらいたいし、チームメイトや友達にもそう思ってもらいたい。本当にうれしいわ。キャンプ中、指をケガしてしまって、背中もしばらく痛めていたの。でもそれを乗り切った。トレーニングしないといけなかったし、やるべきこともあったけど、ハードには打ち込んでいけなかった。試合に向けてハードにトレーニングしたいのに、背中が痛くてハードに打てなかったり、背中が痛くてハードにキックしたりできないなんて、最悪だったわ。私にとっては本当にきつかった。タフな対戦相手を想定してトレーニングしてきた。彼女は1敗しかしていなかったし、心も強いから。次の予定は分からない。UFCが望むものを受け入れるわ。できればまたトップ10の相手だといいんだけど。そうすればランキングを駆け上がってタイトルに挑戦できるもの」

Facebook Twitter LINE

チケット
オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY