エスパルザを下したガデーリャがオクタゴン5勝目

UFC PPV コメント 試合結果
UFC 225:クラウディア・ガデーリャ vs. カーラ・エスパルザ【アメリカ・イリノイ州シカゴ/2018年6月9日(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFC 225:クラウディア・ガデーリャ vs. カーラ・エスパルザ【アメリカ・イリノイ州シカゴ/2018年6月9日(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間6月10日(日)、アメリカ・イリノイ州シカゴのユナイテッド・センターにてUFC 225が開催され、クラウディア・ガデーリャ対カーラ・エスパルザによる女子ストロー級マッチが行われた。

ランキング3位につけるガデーリャは距離を詰めてくるエスパルザに対して的確な打撃で応戦。タックルを仕掛けた際にはそれをつぶしてマウントポジションを取ってもいる。しかし、エスパルザのジャブをアゴに食らったガデーリャは一瞬、足元がふらつき、エスパルザはそのスキを逃さずテイクダウンを取りにいったが、落ち着きを取り戻したガデーリャに退けられ、逆にマウントポジションを奪われた。第1ラウンド残り10秒の合図を聞いてチョークを仕掛けたガデーリャだったが、エスパルザが何とか耐えしのいで乗り切っている。

打ち合いで始まった第2ラウンドはエスパルザが手数を増やしていくも、ガデーリャはうまく避けて食らっていない。テイクダウンを成功させたガデーリャは再びマウントを取ってフィニッシュを狙ったが決めきれなかった。

最終ラウンドは反撃の糸口を探るエスパルザが積極的に打ち込んでいき、何度か大きな有効打を奪ったものの、組み付いたガデーリャが本領を発揮し、相手の体を持ち上げてマットにたたきつける。ただ、エスパルザが巧みな防御で切り返し、マウントポジションからパウンドを浴びせていった。打ち合いは試合終了のホーンが鳴るまで続き、ジャッジの判定は割れたが、2-1でガデーリャが勝利をもぎ取った。

女子ストロー級マッチ 5分3ラウンド
○クラウディア・ガデーリャ vs. カーラ・エスパルザ●
判定2-1(28-29、29-28、29-28)

クラウディア・ガデーリャ


「私は当然、自分の試合だったと思っている。どのラウンドも私が彼女をコントロールしていた。かなり打ち込まれたけど、試合をコントロールしていたのは私。自分のことは世界最高の女子ファイターの一人だと思っているし、成長し続けてもう一度、ベルトに挑戦したい」

カーラ・エスパルザ

「私が勝ったと思っている。(相手よりも)たくさん打ち込んだし、相手がコントロールしていた時もほとんどダメージは受けていない。結局、ジャッジの判定に委ねちゃダメってことよね・・・」
Facebook Twitter LINE

NEXT MATCH次の試合

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY