ジャクソンがUFC初勝利、CMパンクは2連敗

UFC PPV コメント 試合結果
UFC 225:CMパンク vs. マイク・ジャクソン【アメリカ・イリノイ州シカゴ/2018年6月9日(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFC 225:CMパンク vs. マイク・ジャクソン【アメリカ・イリノイ州シカゴ/2018年6月9日(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間6月10日(日)、アメリカ・イリノイ州シカゴのユナイテッド・センターにてUFC 225が開催され、メインカードの初戦でウェルター級のCMパンクとマイク・ジャクソンが対戦した。

両者とも近い位置から打撃を繰り出した序盤、右の一撃をクリーンヒットさせたパンクは相手が後退したチャンスに組み付き、テイクダウンを狙っていったが成功せず。いったん体を離した後、改めてタックルを仕掛けたパンクだが、ジャクソンもうまく防御して倒されない。さらにジャクソンは要所でボディや顔面への有効打も稼いでいる。ラウンド残り1分を切ってダブルレッグからのテイクダウンを成功させたパンクはマウントポジションからパウンドを浴びせたが、時間切れ。

ジャクソンのパンチにスピードが乗り始めた第2ラウンド、パンクも必死に打ち込んでいったものの、ダメージが激しく、テイクダウンを奪われたパンクは不利な体勢からも技を仕掛けたり、打撃を見舞ったりと抵抗した。

劣勢ながら乗り切ったパンクは最終ラウンドが始まるとすぐにジャクソンに組み付いていったが、体力の消耗が激しく、ジャクソンのスピードについていけなくなる。何度もジャクソンのパンチを浴びながらも、それでも立ち続けたパンクはフルラウンドを戦い抜き、勝負の行方はジャッジに委ねられた。

結果はユナニマス判定でジャクソンに軍配が上がっている。

ウェルター級マッチ 5分3ラウンド
●CMパンク vs. マイク・ジャクソン○
判定3-0(26-30、26-30、26-30)

マイク・ジャクソン


「(パンクは)タフなヤツだし、心からたたえたい。フィニッシュするか、相手よりも長く耐え続けないといけないことは分かっていた。俺は顔がいいからな、打たれたくないんだよ。だからプレッシャーをかけ続けて勝利をもぎ取ったのさ。次についてはデイナと話してどうしてほしいか聞いてみるよ。もしかしたら、UFCでもう1試合するかもしれないし、Zuffaのボクシングが始まるならそれもありかもね」
Facebook Twitter LINE

チケット
オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY