【注目株】UFCファイトナイト・モスクワ:ニキータ・クリロフ

UFCファイトナイト
UFC 206:ニキータ・クリロフ vs. ミーシャ・サークノフ【カナダ・トロント/2016年12月11日(Photo by Vaughn Ridley/Getty Images)】
UFC 206:ニキータ・クリロフ vs. ミーシャ・サークノフ【カナダ・トロント/2016年12月11日(Photo by Vaughn Ridley/Getty Images)】
インターネットの総合格闘技(MMA)コミュニティで“ニッキー・スリルス”の愛称で親しまれるニキータ・クリロフが再びUFCに戻ってくる。オクタゴンを離れていた4戦の全てで一本勝ちを収めたクリロフはエマニュエル・ニュートンを第1ラウンドで、ファビオ・マルドナドを第2ラウンドで下してきた。

UFCにデビューしてから6勝3敗を記録したクリロフは最初の2戦でヘビー級に登場し、その後ライトヘビー級に転向。ライトヘビー級初戦ではオヴィンス・サン・プルーに敗北している。そこから5連勝を積み上げてトップ15に入り、ライトヘビー級の重要選手になるかと思われたクリロフだが、UFC 260でミーシャ・サークノフに第1ラウンドでのサブミッション負けを喫すると、UFCを離れて地元の格闘技シーンへと戻っていった。

それから2年足らず、UFCに戻ってきたクリロフはヤン・ブラホビッチとの一戦でこの先を占う。ポーランド出身のブラホビッチはUFCでムラのあるスタートを切りながらも次第に足場を固め、3月にジミ・リベラにユナニマス判定勝ちを収めるなど、3連勝を挙げてきた。

弱冠26歳のクリロフはプロとして30戦25勝を記録しており、一度UFCを離れてから圧倒的な試合を展開してきた。今回の復帰劇でもそれを続けることができれば、馴染みがありながらも新たな脅威としてライトヘビー級で存在感を発揮することだろう。
Facebook Twitter LINE

チケット
オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY