UFCファイトナイト・モスクワ:ダラウェイをTKO、ムルタザリエフが鮮烈デビュー

UFCファイトナイト コメント 試合結果
UFCファイトナイト・モスクワ:ハリド・ムルタザリエフ vs. C.B.ダラウェイ【ロシア・モスクワ/2018年9月15日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFCファイトナイト・モスクワ:ハリド・ムルタザリエフ vs. C.B.ダラウェイ【ロシア・モスクワ/2018年9月15日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間9月15日(土)から16日(日)にかけて、ロシア・モスクワにあるオリンピスキ・アリーナ・センターでUFCファイトナイト・モスクワが開催され、プレリムではミドル級のハリド・ムルタザリエフがC.B.ダラウェイをTKOで打ち破り、オクタゴンデビュー戦を白星で飾った。

その他、6月に行われたUFCファイトナイト・シンガポールで石原夜叉坊を下したピョートル・ヤンがUFCの2戦目に挑み、ソン・ジンスに判定勝ちを収め、オクタゴン2勝目を挙げている。

【プレリム】
ミドル級マッチ 5分3ラウンド
○ハリド・ムルタザリエフ vs. C.B.ダラウェイ
2ラウンド(5分00秒)TKO

ハリド・ムルタザリエフ


「勝ったけど、自分のポテンシャルは50%しか見せられていない。モスクワの試合のオファーは完全にサプライズだった。歴史的なイベントだし、夢がかなった。数週間は休む予定で、その後、またトレーニングをスタートする。12月に誰とでも戦えるようにしておく」


バンタム級マッチ 5分3ラウンド
○ピョートル・ヤン vs. ソン・ジンス●
判定3-0(30-27、29-28、30-27)

ピョートル・ヤン


「いい試合を見せたかったんだ。ソン・ジンスはタフなやつだったけど、仕事は果たした。あっという間の勝利を予想していたのに、試合は最後まで続いてしまったけど、自分の勝利で終われた。アリーナに向かう中で声援を聞いて、集中できたし、パフォーマンスも発揮できた。最高だぜ!」


ライト級マッチ 5分3ラウンド
○ルスタム・ハビロフ vs. ケイジャン・ジョンソン●
判定2-1(29-28、28-29、29-28)

ルスタム・ハビロフ


「すべて計画していた通りにいったわけじゃないし、もっといい試合をしたかった。今回の相手は以前にマカチェフと戦っているし、俺たちのスタイルがかなり似通っていることも知っていた。相手の動きがとても良くて、どんなパンチも切り抜けていた。モスクワで戦えたことに本当に興奮しているし、友達がみんな見に来てくれたから、力が湧いたし、気持ち的にも体的にもバッチリだった」


ライト級マッチ 5分3ラウンド
○マイルベク・タイスモフ vs. デスモンド・グリーン●
判定3-0(30-27、30-27、30-27)

マイルベク・タイスモフ


「試合には満足感がある。チームと力を合わせた勝利が必要だったし、それができた。ロシアで戦うなんてすごい。しばらく地元では戦っていないから母国で戦うことは俺にとって大きな責任があった。でも、すべてうまくいったし、勝利は俺のものだ」


ライトヘビー級マッチ 5分3ラウンド
○マゴメド・アンカラエフ vs. マルチン・プラフニオ●
1ラウンド(3分09秒)KO

マゴメド・アンカラエフ


「1ラウンドで勝った。俺が立てた計画通りだ。相手をスタンディングポジションではつかまえられなかったから、テイクダウンを取る必要があったんだ。ロシアで戦うことはとても大きな責任だった」


ミドル級マッチ 5分3ラウンド
●アダム・ヤンディエフ vs. ジョーダン・ジョンソン○
2ラウンド(0分42秒)サブミッション(サイドチョーク/裸絞)

ジョーダン・ジョンソン


「試合はうまくいった。俺は優秀なファイターだし、自分がどれくらい優れているかも分かっている。これまでの自分のUFCキャリアは自分が望んでいた通りに行っていなかった。プライベートでいろいろあって、トレーニングに完全に集中できていなかったんだ。ある時は一人きりだったこともある。ランニングマシンと俺を信じてくれる1人だけ。今は違う。最高の場所にいる。チームができて、コミュニティができたから、今はリラックスできるし、しっかりやれる。それが今日の試合にも生きている。ケージに向かう時も今と同じようにリラックスして歩けた。気が散ることは何もない。リラックスして結果を出した。試合の序盤にチョークを繰り出したけど、そこはあれでよかった。もっといい瞬間を待ちたかったし、忍耐強くいきたかった。実際、タイミングはきたしね」


ウェルター級マッチ 5分3ラウンド
○ラマザン・エミーフ vs. ステファン・セクリッチ●
判定3-0(30-27、30-26、29-28)

ラマザン・エミーフ


「今回の試合でもっと打撃を見せられたら良かったんだけど、相手に逃げられてしまった。だから、やりたかったことをすべて見せられたわけじゃない。ロシアで史上初のUFCイベントで戦い、勝つことが俺にとってはものすごく重要だった」


バンタム級マッチ 5分3ラウンド
○メラブ・ドバリシビリ vs. テリオン・ウェア●
判定3-0(30-25、30-25、30-25)

メラブ・ドバリシビリ


「相手からは何のサプライズもなかった。彼は素晴らしい人だし、素晴らしいボクサーだ。最高のコーチや元世界チャンピオンと毎日、1日中ずっとトレーニングをしているから、柔術もうまくなったし、今回の相手に対してもテイクダウンして圧倒できた。ゲームプランに沿ってスマートな戦いができたと思う。こういうのを続けていきたい。俺を止めるものは何もないし、俺は誰にとっても危険だ。将来のプランについて話すと、ショーン・オマリーと戦いたい」
Facebook Twitter LINE

チケット
オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY