UFC 230:モダフェリはユーバンクスに判定負け

UFC PPV コメント 試合結果
UFC 230:ジェイソン・ナイト vs. ジョーダン・リナルディ【アメリカ・ニューヨーク州ニューヨーク/2018年11月3日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFC 230:ジェイソン・ナイト vs. ジョーダン・リナルディ【アメリカ・ニューヨーク州ニューヨーク/2018年11月3日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間11月4日(日)、ニューヨーク州ニューヨークにあるマディソン・スクエア・ガーデンを舞台にUFC 230が開催され、シジャラ・ユーバンクスとの女子ストロー級マッチに挑んだロクサン・モダフェリはフルラウンドの末にユナニマス判定で黒星を喫した。

【プレリム】
フェザー級マッチ 5分3ラウンド
●ジェイソン・ナイト vs. ジョーダン・リナルディ○
判定3-0(25-30、27-30、26-30)

ジョーダン・リナルディ


「戻って見てみないとわからないけど、自分のパフォーマンスにはとても満足している。たぶんファンはグラウンドでレスリングのチェスマッチになってしまって退屈だったと思ったかもしれないけどね。ランドとフレボラの試合を見た後だと、こういうタイプの試合を見たがる人はいないだろうけど、俺の目標は自分らしく戦って勝利を手に入れること。それを証明できたと思う。かなりプレッシャーをかけていけたし、負けたら切られていたかもしれないから、勝利街道に戻れてうれしいし、次の試合に向けてプレッシャーが軽くなった。戻るのが待ち遠しいし、この勢いを築いていくためにも、自分がオクタゴンの中でできることを証明するためにも、ベストなマッチアップを希望する」

女子フライ級マッチ 5分3ラウンド

○シジャラ・ユーバンクス vs. ロクサン・モダフェリ●
判定3-0(30-27、30-27、30-27)

シジャラ・ユーバンクス


「いい試合だったと思うわ。直前のオファーだったのに試合を受けてくれたロクサンには本当に感謝しているし、私と一緒にショーを盛り上げてくれて感謝している。自分の方が強いファイターだってことは分かっていたし、自分のアドバンテージを生かしただけ。相手を傷つけられていたし、何度か、フィニッシュできたんじゃないかと思った場面があったのに、彼女はやっぱりすごいわね。タフだし、手強い。この階級のトップにいることをみんなに証明する必要があったから、この勝利が重要だった。ワレンチナ(シェフチェンコ)とヨアンナ(イェンドジェイチェク)の勝者と戦うべきなのは私しかいないわ。ミスをしないで、タイトルマッチはきちんと体重を合わせる。私はグラインダーだし、グラインドを強化して自分の腰にゴールドのベルトを巻くまでは相手を打ち負かし続けるつもりよ」

フェザー級マッチ 5分3ラウンド

●フリオ・アルセ vs. シェイモン・モラエス○
判定2-1(28-29、26-30、29-28)

シェイモン・モラエス


「試合に出て、ファンのためにショーを見せられたことは本当にうれしい。ユナニマス判定で勝ったと思ったんだけどね。2ラウンドと3ラウンドは自分が勝ったはずだけど、1ラウンド目も勝った気がしていた。でも、まああまり気にしてはいないさ。今回の勝利が何よりも大事だからね。相手はタフなヤツだ。医者が彼の傷を見ていたけど、気持ちが強かったし、戦い続けていたから、ファンのために2人で素晴らしいショーを見せられたと思う。一度も誰かを指名したことはない。目標は最高になること、試合のたびにそれを証明することだ。だから、今は家に帰って家族に会いたい。家族と休みを過ごして、次にどうするかはチームと話すよ」

ウェルター級マッチ 5分3ラウンド

○ライマン・グッド vs. ベン・サンダース●
1ラウンド(1分32秒)KO

ライマン・グッド


「最初からずっとこのプランだった。試合に臨んで相手をフィニッシュする。それをやったまでさ。第1ラウンドかそれ以降かは分からなかったけど、これが俺のゲームプランだったのは確かだ。マディソン・スクエア・ガーデンで、ニューヨーカーとして勝利するのは大きな意味がある。かなえたいことリストのひとつだったしね・・・。世界一有名なアリーナで戦って勝利する。俺の周りにはいないからね。目標は今回みたいな試合を続けること。1回のパフォーマンスでランキングが上がるとは思っていないけど、今回みたいな試合を続けていればきっとそうなる。それに集中する」

【アーリープレリム】

ライト級マッチ 5分3ラウンド
△マット・フレボラ vs. ランド・バンナータ△
引き分け1-0(28-28、29-28、28-29)

マット・フレボラ


「自分にとっては友達や家族が来てくれているこの(マディソン・スクエア)ガーデンで最高の試合をすることがすべてだった。自分が勝ったと思っている。1ラウンドと3ラウンドは勝ったと確信していたけど、2ラウンド目の流れがドローの結果につながるかもしれないと言われた。戻って試合を見直してみないと。再戦がいいんじゃないかな。今回の最初の試合も自分が勝っていたと証明したいし、彼との2回目があればそれも俺が勝つ」

ランド・バンナータ

(コメントできる状態にないためコメントなし)

フェザー級マッチ 5分3ラウンド

○シェーン・ブルゴス vs. カート・ホロボー●
1ラウンド(2分11秒)サブミッション(タップルートアームバー)

シェーン・ブルゴス


「マディソン・スクエア・ガーデンで勝利するなんて、自分にとってはすごいことだ・・・でも、負け試合の後にガーデンでこんな風に第1ラウンドでフィニッシュできたことがさらにすごい。ものすごい急いだ。5分持ちそうだったけど、でももう自分では批判して見ている。相手にダウンさせられるのはごめんだ。これまで1度しかないから、自分はそれを誇りに思っているし、今回のフィニッシュもうれしいけど、こういう形じゃなくてダウンさせて決めたかったな。まだ俺たちは若いし、これからだ。カート・ホロボーのようなファイターは好きだよ。俺みたいな戦いをするし、彼もすべてをかけて勝ちに行って、そのために限界を攻める。俺はまだフレッシュだから、すぐに戻る準備はできている。マッチメーカーに伝えてくれ、1月に戦いたいって」

ヘビー級マッチ 5分3ラウンド

●アダム・ウィチョレク vs. マルコス・ホジェリオ・デ・リマ○
判定3-0(27-30、27-30、27-30)

マルコス・ホジェリオ・デ・リマ


「今回の試合に挑むにあたって、相手がタフなのは分かっていたし、グラウンドゲームがうまいのも知っていたけど、自分の方がうまいと思っていたから、ゲームプランに沿って進めたし、まさにそれができた。オレにとっては新しい階級だから、ちゃんと結果を残すことが重要だった。UFCのヘビー級でベストの1人になれることをはっきりさせたかったんだ。この後はすぐにまた試合に戻って、また結果を残すことが一番大事だと思っている」
Facebook Twitter LINE

チケット
オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY