【注目株】UFCファイトナイト・アルゼンチン:ジョニー・ウォーカー

UFCファイトナイト


ジョニー・ウォーカーの名をファイトカードで見たとき、その者の頭に最初に浮かぶのはスコッチかもしれない。だが、そうではなくアスリートを思い浮かべなければならないとして、あなたは身長2メートルに及ぼうかというブラジル人ファイターを脳裏に描くことができるだろうか?

ヘビー級とライトヘビー級の両方で戦ってきた26歳のウォーカーのUFCデビューは“逆ダレン・ティル”状態とも言える。リバプール生まれのティルがオクタゴン初登場の際にブラジルを拠点にしていたのとちょうど裏返しに、ウォーカーはリオ・デ・ジャネイロに生まれて今はイギリス・サウザンプトンを戦いの舞台としているのだ。

この夏、ブラジルの選手たちを集められて行われたデイナ・ホワイトのチューズデーナイト・コンテンダー・シリーズのイベントで、UFCで6戦の経験を持つエンリケ・ダ・シウバを倒したウォーカーに、より大きな試合への切符が与えられた。このときの勝利で戦績を6勝としたウォーカーは、今週末に元ジ・アルティメット・ファイター(TUF)ファイナリストのカリル・ラウントリーJr.との試合でメインカードに登場する。

ラスベガスに居住する28歳のラウントリーはUFCでのキャリアを0勝2敗でスタートさせたものの、過去4戦では敗北を喫しておらず、前戦ではキックボクシングの伝説的ファイターであるグーカン・サキから96秒でドラマティックなノックアウトを奪っている。

新しい一年の始まりが近づく今、ウォーカーがラウントリーを下すことができれば、常に流動的なライトヘビー級における注目のファイターとしての地位が確立されるだろう。
Facebook Twitter LINE

チケット
オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY