UFCファイトナイト・アデレード:中村が白星! 岡見と廣田は判定負け

UFCファイトナイト コメント 試合結果
UFCファイトナイト・アデレード:中村K太郎 vs. サリム・トゥアリ【オーストラリア・アデレード/2018年12月2日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFCファイトナイト・アデレード:中村K太郎 vs. サリム・トゥアリ【オーストラリア・アデレード/2018年12月2日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
12月2日(日)、オーストラリアのアデレード・エンターテインメント・センターを舞台にUFCファイトナイト・アデレードが開催され、アーリープレリムとプレリムに登場した日本人3選手は中村K太郎がスプリット判定ながら勝利を収めた一方、岡見勇信と廣田瑞人は判定の末に黒星を喫した。

【プレリム】

ウェルター級マッチ 5分3ラウンド
●岡見勇信 vs. アレクセイ・クンチェンコ○
判定3-0(27-30、26-30、26-30)

アレクセイ・クンチェンコ


「勝てて本当にうれしいし、とても良い気分だ・・・。試合中にケガはなかったし、今回の試合に向けての準備でも負傷していない。今日は勝ったけど、本当はフィニッシュしたかった。序盤は打撃を打ち込んでいけたし、フィニッシュしようと狙ったけど、難しかった。次はUFCが俺に戦ってほしいという相手なら誰とでも戦うつもりだ」


フライ級マッチ 5分3ラウンド
○ウィルソン・ヘイス vs ベン・グエン●
判定3-0(30-27、30-27、30-27)

ウィルソン・ヘイス


「自分の方が毎ラウンド上回っていたのは分かっていたし、最後のラウンドは接戦だと思ったけど、すべてのラウンドは俺が取ったと思っていた。前回の試合は自分が勝ったはずだったのに、対戦相手(ジョン・モラガ)に勝ちが与えられたから、今は常に緊張感を持っている。ベンはしっかりと準備していたし、いつも通り、ゲームプランに沿って攻めてきた。次はジョセフ・ベナビデスと戦いたい」


ウェルター級マッチ 5分3ラウンド
○中村K太郎 vs サリム・トゥアリ●
判定2-1(30-27、28-29、29-28)

中村K太郎


「勝利で終われて本当に最高です。ただ、次の試合はフィニッシュしたいですね。次はアンソニー・ロッコ・マーティン(トニー・マーティン)とやりたいです」


フライ級マッチ 5分3ラウンド
●イライアス・ガルシア vs. カイ・カラ・フランス○
判定3-0(25-30、26-30、25-30)

カイ・カラ・フランス


「言葉がないよ。デビュー戦を思い描いてファイトウイークに臨んで、これ以上はないと思う。少し逆境になっていたのは分かっていたけど、このために12週間もファイトキャンプに取り組んできたし、今回の試合以上に準備した試合はない。声援に圧倒された。地元、ニュージーランドのオークランドからだけじゃなく、オーストリアからも声援があったからね。彼らの存在が本当に大きかったし、彼らは僕らをひとつに見ている。だから、来年のメルボルンのカードにぜひ入りたいと思うよね。ガルシアはタフなヤツだったし、まだプロで7試合しかしていないのに、もう熟練のベテランみたいに見える。ずっとプッシュしてきたし、1週間前のオファーだったのに受けてくれて、自分の試合の実現を助けてくれたから本当に感謝している。対戦相手が変わるとこっちにはプレッシャーがかかるけど、相手が計量に成功してうれしかったし、ショーを見せられてうれしかった。敢闘試合賞(ファイト・オブ・ザ・ナイト)の候補になれるといいな」

【アーリープレリム】

ライト級マッチ 5分3ラウンド
●廣田瑞人 vs. クリストス・ジアゴス○
判定3-0(27-29、28-29、28-30)

クリストス・ジアゴス


「家族が試合を見るためにわざわざ来てくれていたからうれしい。序盤に相手にダメージを与えて、そこからフィニッシュしようとエネルギーを使いすぎてしまった。それが体にとっては影響したから、仕事を終わらせるためにレスリングに頼るしかなかったんだ。パフォーマンスに完全には満足できていない。少なくとも自分の実感としては。ただ、仕事は果たせたから、それについては満足している。彼は37歳なのに、あんなに忍耐力があるなんてびっくりした。でも、この階級で彼が最もタフな1人だってことは分かっていた。勝利を手に入れられてとにかくうれしい。この後はゆっくりしてオーストラリアを楽しむよ。それからすぐにトレーニングに戻る。まだやらなきゃいけないことがたくさんある」


ライト級マッチ 5分3ラウンド
●アレックス・ジョージース vs. ダミル・イスマグロフ○
判定3-0(25-30、26-30、26-30)

ダミル・イスマグロフ


「UFCで初めてのパフォーマンスにはとても満足している。試合中、一度も危険だと感じなかったから、全体的にも本当にハッピーだ。UFCが用意してくれる相手なら誰とでもやる」

Facebook Twitter LINE

NEXT MATCH次の試合

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY