ボハシーニャが無傷の10勝目!

UFC PPV 試合レポート
UFC 212:パウロ・ボハシーニャ vs. オルワレ・バンブーシェ【ブラジル・リオデジャネイロ/2017年6月3日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFC 212:パウロ・ボハシーニャ vs. オルワレ・バンブーシェ【ブラジル・リオデジャネイロ/2017年6月3日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
ブラジル・リオデジャネイロで日本時間6月4日(日)、UFC 212が開催され、ミドル級のパウロ・ボハシーニャとオルワレ・バンブーシェが対戦した。

勢いに乗るボハシーニャはキャリアで初めて2ラウンド目を経験することになったとはいえ、結果は変わらず、バンブーシェをTKOに下して無敗記録を更新している。

出だしのバンブーシェーは大きなステップで距離と角度を変えながらダイナミックな踏み込みとともに猛烈なパンチを放っていった。ボハシーニャが打撃を繰り出そうと踏み込んだところ、バンブーシェーが鮮やかな両足タックルで飛び込んで相手を金網に押し込み、そこからテイクダウンを成功させる。しかし、背後に回り込むバンブーシェを前方にふるい落としたボハシーニャが落ち着いた表情でスタンドでの攻防を再開。相変わらず大きなステップからパンチとテイクダウンを織り交ぜるバンブーシェだが、ラウンドが中盤に入ると次第にその運動量が落ち始めた。ガードを固めながらじりじりと前に出るボハシーニャが次第に手数で上回り始め、バンブーシェを金網に釘付けした後、強烈な右ミドルを2発見舞い、さらに左右のフックの連打でバンブーシェの体をくの字に曲げる。前進が止まらないボハシーニャにバンブーシェが何とか胴タックルで組み付いてしのぐ中、第1ラウンドが終了した。

2ラウンド目はガードを上げて距離を詰めるボハシーニャにバンブーシェが飛び込みを繰り返すも、ボハシーニャは下がらず。逆に、ボハシーニャはバンブーシェのハイキックにローを合わせてマットに転がし、すぐさま左右のパウンドを振り下ろす。防戦一方のバンブーシェを確認すると、レフェリーのジョン・マッカーシーが1分06秒でTKOによる試合終了を宣告した。

序盤のバンブーシェの爆発力をいなしながら、丁寧かつ攻撃力の高い戦いぶりを披露したブラジルの新鋭ボハシーニャはこれで無傷の10勝0敗。試合後にはトップ10との対戦を要求しており、ボハシーニャの今後の活躍に要注目だ。負けたナイジェリア出身でニューヨーク在住のバンブーシェは6勝3敗となった。
Facebook Twitter LINE

NEXT MATCH次の試合

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY