ハワイ出身のメデイロスが敵地でTKO勝利

UFC PPV 試合レポート
UFC 212:エリック・シウバ vs. ヤンシー・メデイロス【ブラジル・リオデジャネイロ/2017年6月3日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFC 212:エリック・シウバ vs. ヤンシー・メデイロス【ブラジル・リオデジャネイロ/2017年6月3日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間6月4日(日)にブラジル・リオデジャネイロでUFC 212が開催され、エリック・シウバとヤンシー・メデイロスのウェルター級マッチが行われた。

5分3ラウンドの試合が始まると、アップライトに構えたメデイロスがリーチの長いジャブとキックで距離を取りながらシウバの周囲を左右に動く。一瞬、サウスポーに構えたシウバは左を下げた状態からジャブを放って近づこうと試みるが、シウバの踏み込みにメデイロスの左ショートフックが命中。シウバは崩れ落ちながら、タックルで引き込むように下になる。メデイロスのパウンドで万事休すかと思われたが、時期尚早と判断したのかメデイロスがプレッシャーを弱めた。立ち上がったシウバはしばらくサイドステップを繰り返し、確実にダメージを回復させていく。ポイントの巻き返しを狙うシウバが手数を増やし、ヘッドムーブのフェイントから何度も右ストレートで飛び込み、距離を縮める。互いに豊富な打撃を繰り出しつつも、決定打は奪えなかった。

第2ラウンドはメデイロスが打撃を繰り出すたびに丁寧に距離を作り直すため、シウバはパンチの回転の速さをなかなか生かせない。インターバルではシウバにガードを上げろとコーチから指示が出ていたが、変わらずその左手は低いままだ。ラウンド中盤、シウバのジャブに合わせて右のオーバーハンドで飛び込んだメデイロスが下がりながら左フックを放ったところ、シウバの顎を直撃。真後ろに倒れ込んだシウバにメデイロスが即座に距離を詰めてパウンドをまとめると、レフェリーが両者の間に割って入り、TKOによる試合終了を宣告した。時間は2ラウンド2分1秒。

敵地ブラジルでキャリア最大と言える勝利を記録したハワイのメデイロスはこの勝利で14勝4敗1ノーコンテスト。戦績を19勝8敗1ノーコンテストと落としたシウバはストップが早かったとレフェリーに抗議の意思を示しながらも、メデイロスの勝利を素直に称えている。
Facebook Twitter LINE

チケット
オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY