UFC 236:フェザー級王者ホロウェイを圧倒し、ポワリエが初の王者に輝く!

UFC PPV コメント 試合結果
UFC 236:マックス・ホロウェイ vs. ダスティン・ポワリエ【アメリカ・ジョージア州アトランタ/2019年4月13日(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFC 236:マックス・ホロウェイ vs. ダスティン・ポワリエ【アメリカ・ジョージア州アトランタ/2019年4月13日(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間4月14日(日)、アメリカ・ジョージア州アトランタのステート・ファーム・アリーナを舞台にUFC 236が開催され、メインイベントでマックス・ホロウェイとダスティン・ポワリエがライト級暫定王座をかけて対戦した。

開始早々にポワリエに一撃を食らわせたホロウェイだが、立て直してプレッシャーをかけるポワリエに連打を浴びて足元がふらついてしまう。いつもパンチを多く受けがちなホロウェイとはいえ、ポワリエの強烈な打撃にダメージを隠せない。それでも1ラウンドを戦い抜いたホロウェイは相手のパンチを浴びながらも果敢に攻撃を仕掛けていく。有効打は2ラウンド以降、ホロウェイが上回り始め、第3ラウンドにはボディにダメージを与えたポワリエをケージ際に追い込む場面もあった。

それでも、全体的にはポワリエがホロウェイのパフォーマンスを上回り、ユナニマス判定でライト級暫定王座を手に入れている。

【メインイベント】
ライト級暫定王座決定戦 5分5ラウンド
●マックス・ホロウェイ vs. ダスティン・ポワリエ○
判定3-0(46-49、46-49、46-49)


ダスティン・ポワリエ

「この気持ちを言葉では表せられない。ベルトを取ったんだ。娘のために家に持ち帰って、月曜日には娘を動物園に連れて行くんだ。タフな試合だった。最初のラウンドで勝てていたかもしれない。でも、彼が攻めてきて、で、また俺が攻める。俺も血が流れたし、彼も血を流していた。ハイレベルな戦いだったし、これぞ激闘ってやつだな。やられたし、痛いよ。逃げ出したいと思うようなときもあるけど、未知の中でも落ち着けることを学ぶ。オクタゴンは未知の恐怖がある。負ける可能性だってあった。ノックアウトされるか、チョークで落とされるか、なんであろうとね。だからこそ、みんなが試合を見に来るんだ。予想不可能な生き残りをかけた戦いさ。マックスがもっと速いかと思っていたんだけど、なめらかだった。彼のジャブはリズムが違う。逆境もあるだろうと思っていたしね。前にも言ったけど、みんなの前でそれを証明できれば最高だけど、自分自身に示す必要もあった。俺にとっては本当にすべてだ」
Facebook Twitter LINE

NEXT MATCH次の試合

チケット
オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY