ジュモー、地元の大声援に乗って快勝

UFCファイトナイト 試合レポート
UFCファイトナイト・オークランド:ルーク・ジュモー vs. ドミニク・スティール【ニュージーランド・オークランド/2017年6月11日(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFCファイトナイト・オークランド:ルーク・ジュモー vs. ドミニク・スティール【ニュージーランド・オークランド/2017年6月11日(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間6月11日(日)、ニュージーランドのスパーク・アリーナを舞台に開催されたUFCファイトナイト・オークランドにて、ルーク・ジュモーとドミニク・スティールによるウェルター級戦が行われた。

地元ニュージーランドのジュモーは通算11勝3敗で今回のUFCデビューを迎え、一方、アメリカのスティールはUFCで1勝3敗、2連敗の中でニュージーランドに乗り込んだ。

試合が始まり、オーソドックスに構える両者。カウンターを狙っているジュモーに対し、スティールが警戒してあまり手が出せない展開がしばらく続く。やがてコンビネーションで前に出たスティールはジュモーのカウンターの右フックを交わして組みつき、テイクダウンに成功。パウンドを交えて上の体勢をキープした。

スティールは第2ラウンドにも飛び膝から組みついてテイクダウンを狙ったものの、ジュモーが耐えて、その後、至近距離の打ち合いからジュモーの右フックがヒットし、スティールがぐらついた時には場内から大歓声が上がった。なんとか体勢を立て直したスティールは組みついてダメージを回復させている。さらに、スティールは再び組みつきからのテイクダウンを狙うが、ジュモーは金網を背に耐えた。

最終の第3ラウンドに入ると、スティールはジュモーのカウンターをかいくぐって組みつき、金網側まで押していく。手詰まり状態になったため、レフェリーにブレイクされた後、スティールはまたしても前に出て組みつこうとするが、ここでジュモーの右フックがクリーンヒットした。耳をつんざくような歓声が響く中、ジュモーは左右のフックを放つも、ふらついたスティールが体を振って立て直すと、再びテイクダウン狙いに。ジュモーがそれを振りほどけば、またしても場内は熱狂の渦に包まれる。終盤もジュモーはスティールのテイクダウン狙いを切ってはパンチを入れ続けた。

判定は3-0(三者とも29-28)でジュモーに白星がついている。地元の大歓声に応えた勝者ジュモーは「この勝利は本当に大きい。僕がここにいるのはこの試合を見てくれたファンたちのおかげだ。自分を信じていた。本当に嬉しい。これはまだ始まりに過ぎないんだ。これからもこの舞台で長いこと戦うつもりだよ」と語った。

Facebook Twitter LINE

チケット
オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY