UFCファイトナイト・ボストン:ワイドマンをKO、無敗記録を更新したレイエス

UFCファイトナイト コメント 試合結果
UFCファイトナイト・ボストン:ドミニク・レイエス vs. クリス・ワイドマン【アメリカ・マサチューセッツ州ボストン/2019年10月18日(Photo by Chris Unger/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFCファイトナイト・ボストン:ドミニク・レイエス vs. クリス・ワイドマン【アメリカ・マサチューセッツ州ボストン/2019年10月18日(Photo by Chris Unger/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間10月19日(土)、アメリカ・マサチューセッツ州ボストンにあるTDガーデンを舞台にUFCファイトナイト・ボストンが開催され、メインイベントでライトヘビー級ランキング4位につけるドミニク・レイエスと、元ミドル級王者にしてライトヘビー級に転向したクリス・ワイドマンが対戦した。

序盤こそワイドマンがダブルレッグを仕掛けてテイクダウンを決めたが、ケージ際の攻防のさなか、レイエスの強打をアゴに打ち込まれたワイドマンは膝から崩れ落ち、パウンドを浴びて万事休す。ライトヘビー級転向後、初めての試合は黒星となった。連勝街道をひた走るレイエスは戦績を12勝0敗としている。

【メインイベント】
ライトヘビー級マッチ 5分5ラウンド
○ドミニク・レイエス vs. クリス・ワイドマン●
1ラウンド(1分43秒)TKO


ドミニク・レイエス

「まず、神さまはいつもいつも本当に優しいね。おもしろかったし、解き放たれた感じで、相手が向かってきたところを打ち崩せた。想像していたことがすべて起きた感じだ。クリスと戦えたことは本当に誇りに思っている。彼は素晴らしいコンペティターだ。彼と彼の家族に感謝したい。彼の負けが自分の糧になる。それがこのビジネスの常だけど、すべては愛だよ。試合の序盤、スペースが見えたけど、向こうが突進してきたから、来るだろうなと思っていたところにちょうどうまく決まって、パウンドのハンマーでフィニッシュを狙った。すでに向こうが痛めているのは分かっていたし、何度か触れただけでフィニッシュが決まったから、それでおしまい。ジョン、いいやつなんて求めていない。俺はそのベルトがほしい。やろうぜ」
Facebook Twitter LINE

NEXT MATCH次の試合

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY