【注目株】UFCファイトナイト・モスクワ:ロマン・コプィロフ

UFCファイトナイト
UFC 243:オクタゴン【オーストラリア・メルボルン/2019年10月6日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFC 243:オクタゴン【オーストラリア・メルボルン/2019年10月6日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
28歳のロマン・コプィロフにとって“2回目”というのが幸運のおまじないであることを願おう。

本来なら彼は4月半ば、初めてサンクトペテルブルグでUFCが開催された際にクリストフ・ヨトゥコと対戦するはずだったのだが、負傷による辞退を強いられた。そのけがもすっかり良くなり、再びロシアにオクタゴンがやってくる今週末、コプィロフは11カ月に及ぶ休止期間を終えることになる。相手はデイナ・ホワイトのチューズデーナイト・コンテンダーシリーズ(DWTNC)出身のカール・ロバーソンだ。

UFCまでの道のりでコプィロフは何人か名のあるファイターと対戦している。地元のベテランであるコービー・オルティス、Yasubei 榎本に勝利し、プロになってからの8戦で7回のフィニッシュを決めた。

若くてデンジャラス。ファンはこの週末のロバーソン戦を見て、コプィロフが階級のどこに食い込むかをおおむね予想することができるだろう。29歳のロバーソンは元キックボクサーで、DWTNCのシーズン1でライアン・スパンを相手に15秒でKO勝ちしてUFCと契約。以来戦った5戦は白星と黒星が交互に続いている。

今のミドル級には機会も空席もたっぷりある。今週末のデビューを引き寄せた印象的な連勝をコプィロフが続けることができるなら、彼は新年に輝くチャンスをつかめるかもしれない。
Facebook Twitter LINE

NEXT MATCH次の試合

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY