UFC 245:ニールがペリーに1ラウンドKO勝利

UFC PPV コメント 試合結果
UFC 245:ジェフ・ニール vs. マイク・ペリー【アメリカ・ネバダ州ラスベガス/2019年12月14日(Photo by Chris Unger/Zuffa LLC)】
UFC 245:ジェフ・ニール vs. マイク・ペリー【アメリカ・ネバダ州ラスベガス/2019年12月14日(Photo by Chris Unger/Zuffa LLC)】
日本時間12月15日(日)、アメリカ・ネバダ州ラスベガスのT-Mobileアリーナを舞台にUFC 245が開催され、プレリムのトリを飾ったジェフ・ニールとマイク・ペリーの一戦は開始から1分30秒でニールのノックアウト勝利となった。

【プレリム】
ウェルター級マッチ 5分3ラウンド
○ジェフ・ニール vs. マイク・ペリー●
1ラウンド(1分30秒)TKO


ジェフ・ニール

「正直、UFCではずっと最高の時間を過ごせている。まだまだやるべきことはたくさんあるけどね。5勝0敗も、あっという間に5勝5敗になるかもしれない。本当にうれしいし、ダラスのフォーティスMMAというチームが支えてくれることは幸運だと思っている。みんながハードワーカーだし、お互いに切磋琢磨(せっさたくま)している。トップ10を狙い、ベルトを狙っている。やってみせる。ペリーのような相手と戦って、これだけ素早く決められたのは最高だね。戦闘の覚悟はあった。死ぬときは死ぬさ。だろ? 相手の考えもそうだから、俺もそうした。ちゃんと合わせないとな。こうなるとは予想していなかったから、うれしくてしょうがなかった。ここからあっという間に変わってしまうかもしれないから、それはそれでそのうち分かる。ダメージはほとんどない。来年はまた3試合か4試合したい。来年の末にはタイトルコンテンダーか、すでにベルトを持っていたいと思っている。俺の進む道にいる相手と戦っていく」


女子バンタム級マッチ 5分3ラウンド
●ケトレン・ヴィエラ vs. アイリーン・アルダナ○
1ラウンド(4分51秒)KO


アイリーン・アルダナ

「間違いなく私のキャリアで最大の勝利。彼女は無敗だったし、この階級でランキング2位の選手だから、当然、次のタイトル挑戦者候補だった。とてもタフで、本当に尊敬している。この試合に勝ててとてもうれしいし、これまで戦ってきた中で彼女が一番タフなファイターだった。彼女は少し休んでいて、アクティブさでは私にアドバンテージがあった。今年の4試合目だったから、この試合のために1年かけてトレーニングしてきたようなものね。でも、しばらく休んで復帰するときにモチベーションが高い人もいるし、それは経験したことがあるから、どうなるかは分からない。私もケガをして、復帰するときはそれまでで一番ハングリーだったしね。ノックアウトできたことも本当にうれしい。UFCで足りなかったことのひとつよ。コーチに、なんで私はもうノックアウトできないんだろうって聞いていたの。前はノックアウトできていたのに。ちょっと疑問があったけど、今はコーチたちを信じ、トレーニングを信じられている。次のレベルに向かって駆け上っているところよ」


ミドル級マッチ 5分3ラウンド
●イアン・ハイニッシュ vs. オマリ・アフメドフ○
判定3-0(28-29、28-29、28-29)


オマリ・アフメドフ

「俺にとっては最高の1年だ。UFCでトップ10ファイターになるのが目標だったから、これで達成できたと思っている。今日はもっとうまく戦えたんじゃないかと思うけど、いろいろとケガもある。肩を手術して、膝にもいくらかケガがあるけれど、幸い、すべてうまくいった。最後は自信も持てたし、最初の2ラウンドは俺が取っていたのは間違いない。最後のラウンドはもしかすると落としているかもしれないけど、結局は俺の勝ちだと思っていた。今は完全に体を回復させたい。2カ月前に戦っているから、少し時間が必要だ。2020年の終わりにはベルトをかけられるトップコンテンダーになっていたい」


ウェルター級マッチ 5分3ラウンド
○マット・ブラウン vs. ベン・サンダース●
2ラウンド(4分55秒)KO


マット・ブラウン

「勝とうと思わなければ入場すらしない。ベンに対して自分にできることが分からなければ、休みを取った後に戻ってこようとも思わなかったし、うまくいった。ケージの反対側に誰が立つにせよ、オクタゴンにいるのが好きだ。ベンは最高のヤツだけど、ドアが締まれば戦争だ。正直、この先のプランは分からないし、どうなるかはそのうち分かるだろう。セコンドにマーク・コールマンについてもらえたことは最高だった。彼の存在感やその知識が味方なのはかけがえのないこと。ものすごく大きな助けになった」


【アーリープレリム】
フェザー級マッチ 5分3ラウンド
○チェイス・フーパー vs. ダニエル・テイムル●
1ラウンド(4分34秒)TKO


チェイス・フーパー

「UFCで初めての勝利を挙げられて最高だ。これだけどでかいイベントでプレッシャーに押しつぶされすぎずに良い仕事ができたんじゃないかな。メディア対応とかすごく楽しかったから、いい旅になったかな。コンテンダーシリーズが間違いなく役に立った。あのショーの前は試合に向けて写真撮影したこともなかったし、インタビューを受けたことも、何もかもやったことがなかったから、そこから一歩抜け出せていたのがよかったと思う。フェイスオフのときに相手がちょっと近づいてきて、トラッシュトークもあったけど、ハイライト映像にはもってこいになったね。自分はプロとして居続けようと思ったし、俺には何の影響もなかった。2020年は忙しくしたい。OKが出る限りは忙しくしていたいな。ケガがなければロースターを駆け上がっていけるようにがんばる。21歳以下の人がラスベガスでどれだけお祝いできるのか分からないけど、楽しむ方法を見つけてみるよ」


フライ級マッチ 5分3ラウンド
○ブランドン・モレノ vs. カイ・カラ・フランス●
判定3-0(30-27、29-28、29-28)


ブランドン・モレノ

「最高の気分だ。今はすごく心が穏やかだ。昨年、UFCにリリースされて、あのときは自分の人生でかなりダークな時期だった。LFAで戦うことにして、そこでフライ級王者になってから気持ちが上がり始めたけど、ずっとUFCにカムバックしたかった。9月に復帰したけど引き分けだったから、全然ダメだったけど、これでようやくまた正式な勝利を手に入れられたし、うれしい。ここから小さくても一歩ずつすべてを乗り越えながら、いろんな部分にこだわっていきたい。1年か2年前にはこの階級でトップファイターだったけど、それでもリリースされて傷ついた。今はもっと賢く戦って、次のことに集中するだけ。ランキング5位だから、次の試合が本当にかなりハードになることも分かっているけど、その覚悟はある」


女子フライ級マッチ 5分3ラウンド
○ジェシカ・アイ vs. ビビアン・アラウジョ●
判定3-0(29-28、29-28、29-28)


ジェシカ・アイ

「勝利街道に戻って来られて本当にうれしい。キャンプを進めていく中で今回の試合に勝つことが私にとってはとても重要だった。確かに、いろいろと影を落とす失敗もあったけど、試合に出てみんなに教えてもらったことをすべて見せられれば、きっと結果はついてくると思っていた。たぶん、今日は違うファイターとしての私を見せられたんじゃないかしら。何よりも大事なのは教えてもらったことをすべて披露する姿をコーチたちに見てもらえたこと。それが一番大きい。ここに来るまでにいろんなことを証明しないといけなかった。しばらくは自分にもかなり厳しくしていて、そうしたらかなり悪い背中痛になってしまったの。だから、そこから戻すのがかなり大変だった。コーチは別として、もう1人、大きな違いをもたらしてくれた人がいる。UFC PI(パフォーマンス・インスティチュート)のボー・サンドバルよ。背中や体をもう一度強くするためにずっとつきっきりで支えてくれたし、本当に素晴らしい人。ずっと側で、私がジェシカ・アイだってこと、世界でトップの一人なんだってことを思い出させてくれたし、それが本当に支えになった。今はちょっと遊んで、健全に過ごしたいわ。確かに、今週はいろいろと問題があったし、それについては申し訳なく思っているけど、そういうのはすべて2019年に置いていく。そして2020年を突き進むのみよ」


ミドル級マッチ 5分3ラウンド
○プナヘレ・ソリアーノ vs. オスカル・ピエホタ●
1ラウンド(3分17秒)KO


プナヘレ・ソリアーノ

「こうなればいいなと思っていた通りになった。説明はできないんだけど。事前にコンテンダーシリーズに出られてラッキーだったと思う。あのおかげで、ビッグステージに立つ感覚を経験できた。どういうふうになるのか予想できていたから、ずっとド緊張しているだけじゃなくて、少しは楽しめた気がする。相手を痛めつけたときは殺したいとしか思えなかったけど、向こうに当てたパンチはどれもこれも大丈夫そうに見えた。だから、息を整えてスローダウンするのに少し時間をかけたんだ。将来有望だな。できるだけ早くトレーニングに戻りたい。もしかしたら1週間のオフを取らないといけないかもしれないけど、その後はスキルを磨いて、もっともっとうまくなりたい。そういうのが好きだからな」
Facebook Twitter LINE

NEXT MATCH次の試合

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY