佐々木がスコギンズに見事な逆転サブミッション勝ち!

UFCファイトナイト
UFCファイトナイト・シンガポール:ジャスティン・スコギンズ vs. 佐々木憂流迦【シンガポール・カラン/2017年6月17日(Photo by Brandon Magnus/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFCファイトナイト・シンガポール:ジャスティン・スコギンズ vs. 佐々木憂流迦【シンガポール・カラン/2017年6月17日(Photo by Brandon Magnus/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間6月17日(土)、シンガポールのシンガポール・インドア・スタジアムで開催されたUFCファイトナイト・シンガポールでフライ級の佐々木憂流迦がジャスティン・スコギンズに逆転勝利を収めた。

3月末に本拠地をニューヨークに移してトレーニングを続けた佐々木は、前回ウィルソン・ヘイスを相手に善戦しながら判定で敗れており、フライ級でさらに上を目指すべく今回の対戦に挑んでいる。対戦相手のスコギンズは同級ランキング3位のレイ・ボーグを倒したこともあるファイターだ。

オペラの登場曲で現れた佐々木。第1ラウンドが始まると、小気味よい動きを見せるスコギンズがいきなり佐々木の後ろを取ってスープレックスを決めた。すぐに立ち上がった佐々木はケージを背負いながらも身体を入れ替え、テイクダウンを狙う。しかし、今度はスコギンズが身体を入れ替え、細かい動きからパンチを当てていった。

スコギンズはスピンキックをかわされながらも、そこから距離を縮めて左右のジャブを佐々木の顔面にヒットさせ、ダウンを奪う。一気に試合を決めようとマウントを取ってパウンドを落とすスコギンズだが、佐々木は必死のディフェンスで逃げ切った。

第2ラウンドに入り、反撃を見せたい佐々木だったが、スコギンズのバックキックにボディを捉えられて再びダウンを奪われてしまう。オクタゴン中央で上のポジションを取ったスコギンズは、肘を落として一気にフィニッシュを狙った。

必死にディフェンスする佐々木はうまく体勢を入れ替えてチョークに持ち込む。この佐々木の動きにスコギンズはたまらずタップ! 2度のダウンを奪われながらも、第2ラウンド3分19秒で佐々木が見事な逆転でのサブミッション勝ちを収めた。
Facebook Twitter LINE

NEXT MATCH次の試合

チケット
オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY