ホルムが会心の左ハイでコヘイアを粉砕!

UFCファイトナイト 試合レポート
UFCファイトナイト・シンガポール:ホリー・ホルム vs. ベチ・コヘイア【シンガポール・カラン/2017年6月17日(Photo by Brandon Magnus/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFCファイトナイト・シンガポール:ホリー・ホルム vs. ベチ・コヘイア【シンガポール・カラン/2017年6月17日(Photo by Brandon Magnus/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間2017年6月17日(土)にシンガポール・インドア・スタジアムで開催されたUFCファイトナイト・シンガポールのメインイベントは女子バンタム級のトップファイター同士が拳を合わせ、元王者ホリー・ホルムとベチ・コヘイアが対戦した。序盤は互いに相手の打撃を警戒し、遠い距離で散発的に打撃を交換した両者だったが、3ラウンド後半に一瞬、集中力の途切れたコヘイアの隙を見逃さなかったホルムが閃光のような左ハイキックをたたき込み、衝撃的なKOフィニッシュ勝利を記録した。

サウスポーのホルムがすぐにオクタゴンの中央に進み出ると細かな出入りを繰り返しながら圧力をかける。コヘイアはワンツー、そしてローキックで様子をうかがったものの、ホルムの打撃を警戒して伸びのないパンチしか放てない。残り時間3分、それまでフェイントだけだったホルムがサイドキックを繰り出し始めたが、ホルムの念頭にあるのはあくまでもカウンターのようだ。残り時間90秒、コヘイアの右ストレートをホルムが素晴らしいタイミングの左ハイキックで迎え撃つと、一度は大きく体が流れたコヘイアだったが、すぐに体勢を立て直す。

第2ラウンドはカウンター狙いのホルムが左に回ってコヘイアの右を誘いながら、積極的にサイドキックを繰り出して手数を稼ぐ。ラウンド中盤が過ぎると、決定打を狙わない両者の消極的な戦い方に対してレフェリーが警告を与えた。これを受けて両者はやや手数を増やしたものの、互いに相手の打撃に対する強い警戒心がぬぐえないようだった。残り時間数秒で、コヘイアが胴タックルを成功させ、ホルムの背後に回り込んだ形でラウンドが終了。

第3ラウンドに入り、前ラウンド終盤の流れをつないだコヘイアが前に出ながらなんとか至近距離での打ち合いを作り出そうと試みる。それでも後ろに下がりながら距離を撮り続けるホルムに業を煮やしたコヘイアが両手を下げてホルムを挑発するも、気を取り直して前に出ようとした瞬間、ホルムが左のクエッションマークキックで完璧にコヘイアの顔面を蹴り飛ばす。顔面をのけぞらせながら真下に崩れ落ちたコヘイアにホルムが追撃のパウンドを繰り出した瞬間、レフェリーが即座に両者の間に割って入り、試合終了を宣告。時間は3ラウンド1分9秒だった。

この結果、元女子バンタム級王者にしてランキング5位のホルムはその戦績を11勝3敗1分けと伸ばし、同級11位のコヘイアは10勝4敗となった。
Facebook Twitter LINE

NEXT MATCH次の試合

チケット
オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY