見事なグラウンドコントロールでゴードンがUFC初勝利

UFCファイトナイト 試合レポート
UFCファイトナイト・オクラホマシティ:ジャレッド・ゴードン vs. ミチェル・キニョネス【オクラホマ州・アメリカ/2017年6月25日(Photo by Brandon Magnus/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFCファイトナイト・オクラホマシティ:ジャレッド・ゴードン vs. ミチェル・キニョネス【オクラホマ州・アメリカ/2017年6月25日(Photo by Brandon Magnus/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間6月26日(月)、アメリカ・オクラホマ州オクラホマシティで開催されたUFCファイトナイト・オクラホマシティにて、ジャレッド・ゴードンとミチェル・キニョネスによるフェザー級戦が行われた。

ヘンゾ・クレイシー柔術所属のゴードンと、アメリカン・トップチーム所属のキニョネスはともにUFC初登場。ゴードンはここまで12勝1敗、キニョネスは8勝1敗の成績でオクタゴンデビューを迎えた。ゴードンは前日の計量で4パウンドオーバーし、ファイトマネーの20%を没収されている。

試合が開始すると、キニョネスは鋭い前蹴りからパンチのコンビネーションを当てるが、ゴードンもワンツーで果敢に前に出る。キニョネスの飛び蹴りに合わせて組みついたゴードンがキニョネスの背中に回りながらテイクダウンに成功し、そこからチョークを狙っていくも、キニョネスは立ち上がって振りほどいた。その後はパンチで前に出るゴードンと、回りながら前蹴りや横蹴りを放つキニョネスによるスタンドの攻防が続いた。

第2ラウンドになってパンチのプレッシャーを強めたゴードンは前に出てシングルでキニョネスをテイクダウン。ハーフガードで胸を合わせて押さえ込み、パウンドを放っていく。キニョネスは足を入れるが、ゴードンはすぐにその足を超えてハーフに戻し、さらにパウンドで削る。キニョネスが距離を取って立とうとしたところ、ゴードンがキニョネスを押し倒して猛然とパウンドの連打を浴びせ、まともにもらいながらもキニョネスはなんとか立ち上がった。

構わず前に出続けるゴードンは再びテイクダウンを決めると、さらにパウンドでキニョネスを削る。大きなダメージを受けながらも、なおも下から動こうとするキニョネスだが、グラウンドコントロールに勝るゴードンは上をキープしてはパウンドを連打。最後は亀の状態になったキニョネスに背後からパウンドを連打すると、4分24秒でレフェリーが試合を止めた。

ゴードンは「まずは対戦相手のミチェル、UFC、僕のコーチやチームに体重を守れなかったことを謝りたい。プロとして失格だし、改善しないといけない。人は前に進み続ければなんでもできることを示す見本が自分だと思っている。だから困難を抱えている人はぜひ連絡をくれ。確かに今日は緊張したけど、何度も死に直面した俺からすれば、これは楽しい経験だった」と語っている。

Facebook Twitter LINE

NEXT MATCH次の試合

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY