リーがキエーザに1R勝利も両者の因縁は深まるばかり

UFCファイトナイト 試合レポート
UFCファイトナイト・オクラホマシティ:マイケル・キエーザ vs. ケビン・リー【オクラホマ州・アメリカ/2017年6月25日(Photo by Brandon Magnus/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFCファイトナイト・オクラホマシティ:マイケル・キエーザ vs. ケビン・リー【オクラホマ州・アメリカ/2017年6月25日(Photo by Brandon Magnus/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間2017年6月26日(月)、アメリカ・オクラホマ州オクラホマシティにあるチェサピーク・エナジー・アリーナで開催されたUFCファイトナイト・オクラホマシティのメインイベントで実現したライト級のケビン・リー対マイケル・キエーザの対戦は、試合前から繰り広げられた両者の激しい言葉の応酬によって世界中のファンが大きな関心を寄せていた一戦だった。

結果としてはリーの1ラウンドサブミッション勝利に終わったこの試合だが、レフリーのストップ時にタップも失神もしていなかったキエーザがストップの直後に猛抗議を行なうという何とも後味の悪い結末となっている。

試合後にリーは「俺が危ないシーンなんてなかった、もう一度やりたいならそれだって問題ない。レフリーがストップしたから技を解いたのさ、別にタップもなにも感じなかったけどな」とコメント。

これにキエーザが「相手のヒジをずらして逃げ出そうとしていたところだったんだ。ケビン、12月にデトロイトに乗り込んでやる。リマッチしようじゃないか」と応じたため、両者の再戦は濃厚だ。

レスリングに絶対の自信を持つリーは、オーソドックスな構えから積極的に出入りを繰り返しつつ右のキックとストレートで攻撃を組み立てる。サウスポーのキエーザが左ストレートで飛び込んでリーを押し倒すも、リーはタックルでこれを切り返した。相手をシングル・ネルソンに捉えたキエーザだが、リーは勢いよくキャンバスに叩きつけてこれを振りほどく。数発のパウンドを繰り出したリーは容易にキエーザの足を越し、残り時間2分30秒で相手の背後に回り込むと、ボディ・トライアングルでキエーザを固めながらゴツゴツと重たい左右のパウンドを振りおろす! さらに残り時間30秒、動きを止めずになんとかリーを振り落とそうともがき続けるキエーザの首にリーがその右腕を巻き付け、ギリギリとこれを締め上げた! キエーザは相手のクラッチを壊そうともがきながら一瞬その左手を泳がせるも、これをキエーザのタップと判断したレフリーのマリオ・ヤマサキが試合終了を宣告。時間は1ラウンド4分37秒だった。

なおこの結果、UFC5連勝を記録した“モータウンの天才”ことライト級11位のリーは16勝2敗、同級6位のキエーザは14勝3敗となっている。
Facebook Twitter LINE

NEXT MATCH次の試合

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY