【注目株】UFCファイト・ナイト・グラスゴー:カリル・ラウントリー

UFCファイトナイト
UFCファイトナイト・ヒューストン:ダニエル・ジョリー vs. カリル・ラウントリー【アメリカ・テキサス州ヒューストン/2017年2月4日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFCファイトナイト・ヒューストン:ダニエル・ジョリー vs. カリル・ラウントリー【アメリカ・テキサス州ヒューストン/2017年2月4日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
無敗のアマチュア時代からプロに転向して4連勝を決めたカリル・ラウントリーは、ジ・アルティメット・ファイター(TUF)第23シーズン出身で最も有望なファイターの一人だ。同シーズンの決勝戦までコマを進めたラウントリーだが、Syndicate MMAのアンドリュー・サンチェスによって初めての黒星をつけられ、その後はタイソン・ペドロにサブミッションを決められて敗北を喫した。

無敗を誇っていたにもかかわらず、1年というスパンの中で、ラウントリーは連敗によって後のないところまで追いつめられてしまったのだ。

しかし、ラウントリーは今もライトヘビー級における注目選手であり、未完の大器でもある。この2月には再びオクタゴンに足を踏み入れ、第1ラウンド開始52秒でダニエル・ジョリーからUFC初勝利をもぎとった。27歳でラスベガスを拠点とするラウントリーには破壊的なパワー、(ケージ内限定の)意地の悪さ、フィニッシュを決めるための直感が備わっている。そんな選手が経験を積んでいけば、将来はライトヘビー級における危険な存在に成長することだろう。
Facebook Twitter LINE

NEXT MATCH次の試合

チケット
オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY