打撃力を見せつけたスミスが新人レモスをTKO

UFCファイトナイト コメント 試合結果
UFCファイトナイト・グラスゴー:レスリー・スミス vs. アマンダ・レモス【スコットランド・グラスゴー/2017年7月16日(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFCファイトナイト・グラスゴー:レスリー・スミス vs. アマンダ・レモス【スコットランド・グラスゴー/2017年7月16日(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間7月17日(月)、スコットランドのThe SSE HydroでUFCファイトナイト・グラスゴーが開催され、オープニングマッチとして女子バンタム級のレスリー・スミスとアマンダ・レモスが対戦した。

UFCデビューを果たしたレモスを相手に、打撃の力を見せつけたスミスは第2ラウンドに猛攻を仕掛け、2分53秒にレフェリーが間に割って入り、試合終了を宣言するまでレモスを圧倒し続けた。スミスは第2ラウンドの3分弱で85回の打撃のうち52回の有効打を決めている。2016年5月に階級を上げてクリス・サイボーグと対戦するも敗北を喫した後、スミスは元の階級に戻して2連勝を飾った。

女子バンタム級マッチ 5分3ラウンド
○レスリー・スミス vs. アマンダ・レモス●
2ラウンド(2分53秒)TKO

レスリー・スミス

「手強い相手だった。ケリがすごくて、迫力もあったし、オクタゴンの中ではプロとして戦っていた。これだけ緊迫したチャレンジに挑めたことは最高だし、自分の出来にはとても満足しているわ。ベチ(コヘイア)との試合を求めたのはきっと最高の試合になると思うから。彼女はあの口のせいで今のポジションなのだと思うし、自分が少しでも上に上がるために彼女がやってきたことすべてを生かしていきたいと思っている。私はすべてをかけて戦っている。彼女は今いる場所にたどり着くまで好きなように語ってこられたんだと思うから、私は彼女が持っているものがほしい」

アマンダ・レモス

「良い経験になったし、今後の試合に向けてたくさんのことを学んだ。レスリーは本当にタフな人。もちろん、基本的には彼女の方が私よりも上の階級にいる。私が試合を受け入れたのは、とにかくUFCで戦いたかったし、それを実現させるために全力を尽くしてきたから。ただ、今後の試合は自分の階級に戻って実力を発揮したい」

Facebook Twitter LINE

チケット
オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY