テイクダウンでモラレスを圧倒したジョーンズ

UFCファイトナイト コメント 試合結果
UFCファイトナイト・グラスゴー:ブレット・ジョーンズ vs. アルバート・モラレス【スコットランド・グラスゴー/2017年7月16日(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFCファイトナイト・グラスゴー:ブレット・ジョーンズ vs. アルバート・モラレス【スコットランド・グラスゴー/2017年7月16日(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間7月17日(月)、スコットランドのThe SSE HydroでUFCファイトナイト・グラスゴーが開催され、バンタム級のブレット・ジョーンズとアルバート・モラレスが対戦した。

テイクダウンを仕掛けること6回、うち3回を成功させたジョーンズが10分以上に渡ってグラウンドゲームでモラレスを圧倒。すべてのラウンドを制してユナニマス判定勝利を挙げた。モラレスも足技を生かしてジョーンズに襲いかかったが、ここでもジョーンズの方が優位に立ち、合計有効打はモラレスの61回よりもはるかに多い156回をマークしている。

バンタム級 5分3ラウンド
○ブレット・ジョーンズ vs. アルバート・モラレス●
判定3-0(30-27、30-27、30-25)

ブレット・ジョーンズ

「正直、第2ラウンドと第3ラウンドはベストな状態じゃなかった。この世界じゃ自分が一番だと思っているし、最後まで戦い抜けるとは思っていたけどね。でも、時々、試合に臨んでとにかく終わらせたいと思うようなこともあるし、今日はそういう日だった。もっと良いパフォーマンスを見せたかったから申し訳ない。それでも、わりと良い試合だったと思っているけどね。この後は正直ちょっと休みたい。12月に戻って来られたらいいなと思っているから、それほど長い期間じゃないけど、数週間のオフを取って休日を楽しむつもりだ」

アルバート・モラレス

「試合はテイクダウンを駆使したブレットがほとんどコントロールしていた。本当に単純なミスだったし、取るに足らないミスだったけど、相手はやるべきことをやったのに、自分ができなかっただけ。ブレットに脱帽さ。次の試合ではもっとうまくなって戻ってこられるよう願っている。すぐにトレーニングに戻りたい。ブレッドにはテイクダウンされてトップポジションを取られ続けただけだから、ダメージはそれほどない。今日は本当に、ただの単純ミスだった」

Facebook Twitter LINE

NEXT MATCH次の試合

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY