マルヘロンの動きを封じ込めたウィリスが判定勝ち

UFCファイトナイト コメント 試合結果
UFCファイトナイト・グラスゴー:ジェームス・マルヘロン vs. ジャスティン・ウィリス【スコットランド・グラスゴー/2017年7月16日(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFCファイトナイト・グラスゴー:ジェームス・マルヘロン vs. ジャスティン・ウィリス【スコットランド・グラスゴー/2017年7月16日(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間7月17日(月)、スコットランドのThe SSE HydroでUFCファイトナイト・グラスゴーが開催され、メインカードでヘビー級のジェームス・マルヘロンとジャスティン・ウィリスが対戦した。

序盤は互いに距離感をつかもうと牽制が続く。時折、打撃の応酬はあるものの、あまり目立った動きがない状態だったが、ウィリスがテイクダウンを決めてマルヘロンを攻め立てると、マルヘロンもローキックを挟みながら打撃を見舞った。第2ラウンドはマルヘロンのスピニングキックで幕を開け、打撃ではマルヘロンが押す場面もあったが、第3ラウンドを含めてジャッジはウィリスの勝利を支持。ウィリスがデビュー戦で白星を飾った。

ヘビー級マッチ 5分3ラウンド
●ジェームス・マルヘロン vs. ジャスティン・ウィリス○
判定3-0(27-30、27-30、27-30)

ジャスティン・ウィリス

「UFCで初戦の緊張っていうのは本物感があるね。自分はここに来るべくしてきたし、自分を落ち着かせて勝利をものにした。相手は手ごわかったし、かなり左を打ってきた。あんなにたくさん左を打つなんてかなりびっくり。相手にケージに押し込まれた約30秒を除けば、最初から最後まで俺が支配したけど、(押し込まれた時も)振り払って倒せた。もう初めての緊張も興奮もないから、次は誰だろうと相手になる」

ジェームス・マルヘロン

「タフな試合だった。何度か強いパンチを見舞ったんだけどね。良かったと思うよ。相手がテイクダウンを狙ってくるのは分かっていた。パンチも良かったと思う。ただ、これはファイトゲームだから、勝つこともあれば負けることだってある。心の中を率直に伝えて試合に臨んだけど、今日は結果が自分についてこなかった。来週にはトレーニングに戻るつもりだ」

Facebook Twitter LINE

NEXT MATCH次の試合

チケット
オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY