ワイドマンが地元ロングアイランドで復活の一本勝ち!

UFCファイトナイト コメント 試合結果
UFCファイトナイト・ロングアイランド:クリス・ワイドマン vs. ケルヴィン・ガステラム【ニューヨーク州・アメリカ/2017年7月22日(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFCファイトナイト・ロングアイランド:クリス・ワイドマン vs. ケルヴィン・ガステラム【ニューヨーク州・アメリカ/2017年7月22日(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間7月23日(日)、アメリカ・ニューヨーク州ロングアイランドにあるNYCB LIVE:ホーム・オブ・ナッソー・ベテランズ・メモリアル・コロシアムにてUFCファイトナイト・ロングアイランドが開催され、メインイベントでクリス・ワイドマン対ケルヴィン・ガステラムのミドル級マッチが行われた。

地元ロングアイランド出身で元ミドル級王者のワイドマンは観衆の大歓声に出迎えられ、強敵ガステラムを相手に積極的にテイクダウンを狙っていく。ガステラムの動きを抑えてキムラを仕掛けたワイドマンだったが、ガステラムがうまく逃げてスタンドに。残り30秒を切り、ワイドマンが引きかけたところにガステラムの左がヒットし、グラつくワイドマンにガステラムが追い打ちをかけるも、ラウンド終了の合図を告げるホーンが鳴った。

次のラウンドが始まってすぐ、ワイドマンがガステラムを倒して亀の状態からパウンドを見舞い、その後もマウントポジションを維持。関節技を仕掛けようとするワイドマンから必死に逃げるガステラムは防戦一方ながら何とかしのいで第3ラウンドに挑んだ。

そろそろ攻めていきたいガステラムは開始の合図と同時にワイドマンに立ち向かっていくが、ワイドマンも応戦。ワンツーからの数発をアゴに命中され、さらに強力なパンチを浴びながらも倒れないガステラムに、ワイドマンはテイクダウンを仕掛けて優位な体勢を取る。再びガステラムの背後に回ったワイドマンはガステラムの左肩を固めて締め上げ、最後は忍耐強いガステラムからタップを引き出しての復活勝利を遂げた。

ミドル級マッチ 5分5ラウンド
○クリス・ワイドマン vs. ケルヴィン・ガステラム●
3ラウンド(3分35秒)サブミッション(肩固め)

クリス・ワイドマン

「言葉にならない。唇を噛んでみたりしてね。逆境を突き進んできたこの時間をいちいち口に出したくなかった。とにかく黙って自分のポテンシャルを発揮する瞬間を待つ必要があったし、今日、ようやくそれを見せられた。ちょっと変な話だけど、写真があってね、偽物なんだけど、ニューヨーク・アイランダース(アイスホッケーチーム)が大観衆と一緒に写っていて、ジャンボトロン(巨大スクリーン)に“アイランダースがクリス・ワイドマンを歓迎”と書かれてあるんだ。まったくのフェイクなんだけど、それを小さい頃から自分の部屋に飾ってあって、今日、何度も自分の名前が(スクリーンに)映し出されていたのを見て本当に感動した」
Facebook Twitter LINE

NEXT MATCH次の試合

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY