強敵バミューデスを打ち破ったエルキンス

UFCファイトナイト コメント 試合結果
UFCファイトナイト・ロングアイランド:デニス・バミューデス vs. ダレン・エルキンス【ニューヨーク州・アメリカ/2017年7月22日(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFCファイトナイト・ロングアイランド:デニス・バミューデス vs. ダレン・エルキンス【ニューヨーク州・アメリカ/2017年7月22日(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間7月23日(日)、アメリカ・ニューヨーク州ロングアイランドにあるNYCB LIVE:ホーム・オブ・ナッソー・ベテランズ・メモリアル・コロシアムにてUFCファイトナイト・ロングアイランドが開催され、セミメインイベントでフェザー級のデニス・バミューデスとダレン・エルキンスが対戦した。

同級ランキング12位のエルキンスは2つランクが上のバミューデスに攻め込まれるも、滑って倒れたバミューデスのミスに漬け込んでテイクダウンにつなげる。膝を使って着実にボディに打ち込み、さらにケージ際でバミューデスを担ぎ上げてマットにたたきつけた。

第2ラウンドで反撃に出たバミューデスは素早い打撃を繰り出しながら、クリンチやテイクダウンを決めて試合をコントロールしていく。しかし、ラウンドが残り2分を切る頃には形勢が逆転し始め、首を取ったエルキンスが背後に回った後、またしてもバミューデスを担ぎ上げてテイクダウンに持ち込み、トップポジションを取った状態で5分が終了。

最終ラウンドは両者が最後の力を振り絞って攻撃を繰り広げ、バミューデスが豪拳と膝でダメージを与えれば、エルキンスもテイクダウンを取るなど甲乙つけがたい展開に。それでも、試合序盤に優勢だったエルキンスがスコアで上回り、スプリット判定ながら勝利を手に入れている。

フェザー級マッチ 5分3ラウンド
●デニス・バミューデス vs. ダレン・エルキンス○
判定2-1(28-29、28-29、29-28)

ダレン・エルキンス

「コリアン・ゾンビとかカブ・スワンソンみたいな相手がいい。そういう相手と戦う資格はあるはずだ。エキサイティングな試合にしてくれる相手がいい。トップ5にいる人、もしくはタイトル挑戦につながる相手と戦いたいんだ。まだタイトル挑戦にふさわしいとは思っていないけど、トップ5やトップ6にいる人と戦う資格はあると思っている。そうすれば自ずとトップに近づける」
Facebook Twitter LINE

NEXT MATCH次の試合

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY