レノーが維持のTKO、急きょ出場のベルナルドを下す

UFCファイトナイト コメント 試合結果
UFCファイトナイト・ロッテルダム:マリオン・レノー vs. タリタ・ベルナルド【オランダ・ロッテルダム/2017年9月2日(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFCファイトナイト・ロッテルダム:マリオン・レノー vs. タリタ・ベルナルド【オランダ・ロッテルダム/2017年9月2日(Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間9月3日(日)、オランダのアホイ・ロッテルダムでUFCファイトナイト・ロッテルダムが開催され、女子バンタム級のマリオン・レノーとタリタ・ベルナルドの一戦が行われた。

元女子フェザー級王者ジャーメイン・デ・ランダミーの負傷により、直前で対戦相手が変更となったレノーは、10日前の決定で試合を受け入れたベルナルドを相手にスロースタートを切る。序盤は相手の速い攻撃に後ずさりするシーンが目立ち、タックルからテイクダウンを奪われて押し込まれた。マウントポジションを取ったベルナルドはいったん立ち上がってレノーの足をとらえると、三角絞めに打って出る。何とか逃れたレノーは逆にアームバーを仕掛けてサブミッションを狙った。その後も立ち位置を入れ替えながらグラウンドゲームが続いたが、フィニッシュには至らず最初のラウンドが終了。

第2ラウンドになると、ようやくエンジンがかかってきた様子のレノーがベルナルドにプレッシャーをかけていく。残り2分でレノーからテイクダウンを奪ったベルナルドだったが、レノーはすぐに立ち上がってスタンディングでの攻防を再開させた。

勝負が決まったのは第3ラウンド。テイクダウンを成功させたレノーはベルナルドに次々と関節技をかけていき、背後からリアネイキドチョークを仕掛けた時には決まったかにも思われたが、どれもフィニッシュには持ち込めず。ただ、その後、マウントポジションからパウンドを連打するレノーに対し、ベルナルドが抵抗すらできずに防戦一方となったところでレフェリーが止めに入って試合終了となった。

女子バンタム級マッチ 5分3ラウンド
○マリオン・レノー vs. タリタ・ベルナルド●
3ラウンド(4分54秒)TKO

マリオン・レノー


「最初のラウンドは動きが遅かったと思う。いつもそうだから、もう有名ね。精神的な部分でしっかり準備してきたつもりだったけれど、実際のところ、完全にゲームプランを変えたから、そのことを考えないといけないのもあった。第2ラウンドと第3ラウンドは自分に、ちゃんと準備してきたんだからできないわけがない、と言い聞かせたの。女子バンタム級で対戦した中じゃ、彼女は私よりもグラップリングに長けている。私の最高の三角絞めも逃げられてしまったし、あれができる女子はそう多くないのよ。10日前の試合決定で挑んできてくれた相手に負けられないというプレッシャーはかなりあったけど、ジャッジに勝敗を委ねるつもりはなかった。次はトップ10の誰かと戦いたい。ただ、トップ10にいる女子たちは試合もせずにセルフィーを取るのに忙しいみたい。全然試合をしていない。この階級から出ていってほしいくらいよ。貪欲にトップ10と戦って上に行きたいって子はたくさんいるわ。私は40歳、時間も限られている。トップ10の対戦相手がほしい。タイトルにも挑みたい」

タリタ・ベルナルド

「今回の試合を受けられるチャンスをもらえて本当にうれしいし、自分のパフォーマンスにも満足している。ただ、準備時間がほとんどなく、特に試合直前の減量だったから、本来求めるほどのパワーがなかったように感じた。またもう一度、今度はフルキャンプに臨んでから試合に挑むチャンスをもらえるなら、そのチャンスを楽しみにしているし、チャレンジが楽しみ」

Facebook Twitter LINE

NEXT MATCH次の試合

オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY