モラスが倒されながらも体勢を変えて一本勝ち

UFC PPV コメント 試合結果
UFC 215:サラ・モラス vs. アシュリー・エバンス・スミス【カナダ・エドモントン/2017年9月9日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFC 215:サラ・モラス vs. アシュリー・エバンス・スミス【カナダ・エドモントン/2017年9月9日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間9月10日(日)、カナダ・アルバータ州エドモントンにあるロジャーズ・プレイスにてUFC 215が開催され、女子バンタム級のサラ・モラスとアシュリー・エバンス・スミスが対戦した。

開始早々、組み合った両者。エバンス・スミスがモラスをケージに押し込み、テイクダウンを奪ってマウントポジションを取るも、モラスが足を使いながら必死にもがく。いったん立ち上がったエバンス・スミスは再度、モラスに覆いかぶさったが、その際に腕を取られてしまい、何とか返そうと体勢を変えたが、逆にモラスの技が極まってしまい、こらえきれずにエバンス・スミスがタップ。モラスが1ラウンドでのサブミッション勝利を決めた。




女子バンタム級マッチ 5分3ラウンド
○サラ・モラス vs. アシュリー・エバンス・スミス●
1ラウンド(2分51秒)サブミッション(アームバー)

サラ・モラス


「正直な話、今日は思い描いていた通りになったわ。直近の2試合は判定までもつれこんでいたし、今日はちゃんとフィニッシュを決めたいってハングリーな気持ちだった。本当はKOを決めたかったし、1分以内で決めてやろうって思っていたけれど、これを実現するにはもっと頑張らなきゃ(笑)。アームバーは私の得意技だけど、今日はサブミッション勝ちを収められてハッピーだわ。12月にはウィニペグでUFCが開催されるから、そこで試合ができるのを楽しみにしている。すぐにでもまたファイトに臨む準備はできているけれど、まずは次の機会に備えておくわ。ランキングトップ10の相手と戦いたい」
Facebook Twitter LINE

NEXT MATCH次の試合

チケット
オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY