左膝を痛めながらも気迫のメレンデス、結果はスティーブンスに軍配

UFC PPV コメント 試合結果
UFC 215:ジェレミー・スティーブンス vs. ギルバート・メレンデス【カナダ・エドモントン/2017年9月9日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFC 215:ジェレミー・スティーブンス vs. ギルバート・メレンデス【カナダ・エドモントン/2017年9月9日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間9月10日(日)、カナダ・アルバータ州エドモントンにあるロジャーズ・プレイスにてUFC 215が開催され、メインカードの初戦でフェザー級のジェレミー・スティーブンスとギルバート・メレンデスが対決した。

序盤の戦略をジャブと蹴りのコンビネーションで組み立てたスティーブンスはメレンデスのワンツーをうまくかわしながら強烈な打撃を繰り出す。膝を狙われて倒れ込んだメレンデスはマットに横たわったまま挑発する仕草を見せたが、その後もスティーブンスの猛攻は止まらず、強めの蹴りを食らうメレンデスの左膝が徐々に腫れていった。

インターバルでは医師が呼ばれるも試合は続行。メレンデスは疲れを見せながらも、果敢にスティーブンスに食らいついていく。明らかに痛みを生じているであろう左膝を狙われてなお音を上げないメレンデスは足の動きは止まっていたものの、セコンドから「相手は疲れてきているぞ。いけ。ストレートだ」とゲキを飛ばされて奮起し、スローダウンし始めたスティーブンスに的確な打撃を見舞っていった。

気迫を見せてオクタゴンに立ち続けるメレンデスは動きの鈍ったスティーブンスに有効打こそ当てられないが、一貫してジャブを打ち込んでいく。パンチを食らいながらも、痛む左膝を蹴られながらも、思わず倒れ込みながらも前に出るメレンデスに観客から声援が送られると同時に、スティーブンスも拳を合わせてその勇敢さを称えている。試合は15分間のフルラウンドに及び、判定の結果、スティーブンスが3-0で勝利した。

フェザー級マッチ 5分3ラウンド
○ジェレミー・スティーブンス vs. ギルバート・メレンデス●
判定3-0(30-26、30-26、30-25)

ジェレミー・スティーブンス


「今日の勝利は信じられない気分。ギルバートはものすごくタフだから、きっと試合を辞めることはないだろうと思っていたけど、レフェリーが止めようとした瞬間は何度かあったと思う。俺が蹴ると、レフェリーが俺の前に入ってくるんだけど終了の合図は一度も出さなかったから、ちょっとおかしな気もしたけれど、おもしろいバトルだったね。今は家に戻って結婚すること以外に考えられない。次のことはそれから考えるよ!」
Facebook Twitter LINE

NEXT MATCH次の試合

チケット
オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY