ラマスがスピニングエルボーでKO勝利

UFC PPV コメント 試合結果
UFC 217:アイマン・ザハビ vs. リカルド・ラモス【アメリカ・ニューヨーク州ニューヨーク/2017年11月4日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFC 217:アイマン・ザハビ vs. リカルド・ラモス【アメリカ・ニューヨーク州ニューヨーク/2017年11月4日(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間11月5日(日)、ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンでUFC 217が開催され、オープニングマッチでバンタム級のアイマン・ザハビとリカルド・ラモスが対戦した。

開始の合図と同時に攻め込む両者はラマスが身体をうまく使って組み付くが、いったん離れてスタンディングに戻す。ジャブを交わしながら、手数を増やした後、ラマスがテイクダウンを狙ってタックルに出たものの、ザハビがそれを退けている。ケージ際の攻防を経てラマスがテイクダウンに成功し、一度は立ち上がられたが、ザハビの身体を持ち上げてマットに倒して再びテイクダウン。ただ、時間がなくラウンド終了を告げるホーンが鳴った。




ジャブとワンツーでリズムを作りながらラマスのスキを探るザハビは何度か力強いジャブを打ち込み、距離を詰めてアッパーカットを放っていく。ラモスもローキックやボディキックを織り交ぜて手数を増やしている。

第3ラウンドでややスピードを早めてきたザハビに対し、ケージ際に追い込まれたラモスがスピニングエルボーを仕掛け、2度目の一撃がザハビのアゴ部分にクリーンヒットし、そのまま意識を失って倒れた。ノックアウト勝利を挙げたラマスは判定勝ちした今年2月の田中路教戦に続く2連勝だ。




バンタム級マッチ 5分3ラウンド
●アイマン・ザハビ vs. リカルド・ラモス○
3ラウンド(1分58秒)KO

リカルド・ラマス


「(ザハビは)かなりタフだった。1ラウンドでフィニッシュするプランだったけど、勝利できて本当にうれしい。相手の試合で見てきた内容ではなかったけれど、いろいろと武器を用意してあったからね。今度はトップ15の誰かとやりたい。俺は自分がチャンピオンになれると思っているし、俺しかいないと思っている。ダカラ、ランカーと戦ってそれを証明したいんだ」
Facebook Twitter LINE

NEXT MATCH次の試合

チケット
オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY