グイダが一撃でローゾンを粉砕!

UFCファイトナイト コメント 試合結果
UFCファイトナイト・ノーフォーク:ジョー・ローゾン vs. クレイ・グイダ【アメリカ・バージニア州ノーフォーク/2017年11月11日(Photo by Brandon Magnus/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
UFCファイトナイト・ノーフォーク:ジョー・ローゾン vs. クレイ・グイダ【アメリカ・バージニア州ノーフォーク/2017年11月11日(Photo by Brandon Magnus/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)】
日本時間11月12日(日)、アメリカ・バージニア州ノーフォークにあるTEDコンスタント・コンボケーション・センターでUFCファイトナイト・ノーフォークが開催され、メインカードの初戦でライト級のジョー・ローゾンとクレイ・グイダが対戦した。

開始直後、コンビネーションでローゾンの足元をふらつかせたグイダが一気にたたみかけ、右のアッパーカットをクリーンヒットさせる。ダウンしたローゾンはパウンドを浴びながらも必死に抵抗したが、防戦一方となったところで最後はレフェリーが止めに入り、TKOでグイダの勝利となった。




ライト級マッチ 5分3ラウンド
●ジョー・ローゾン vs. クレイ・グイダ○
1ラウンド(1分07秒)TKO

クレイ・グイダ


「ジョーと俺はUFCで同じ時代を生きてきた。常にその存在を見上げながら、いつも試合を楽しませてもらったファイターだ。その彼と戦えてうれしかった。あれだけ早くに勝てたのは最高だね。一度もやったことはないけど、誰かに手をかけるなんて最高だね。ワールドシリーズでグランドスラムを当てたみたいな感じだ。145パウンド(フェザー級)は最高だった。155パウンド(ライト級)でも楽しんだ。これが俺の階級。彼らを相手にしていきたい。覚悟が決まったヤツがいれば、俺と一緒にオクタゴンに上がろうぜ。(2011年1月1日のUFC 125で五味隆典をフィニッシュして以来だという事実を前に)ちょっとそれを考えているんだが。カレンダーをめくりながら、“おいおい、俺は誰かをフィニッシュしたことがあったっけ?”ってな。かなり久々だし、ジョーみたいにハイレベルの相手をできたことは本当にうれしい」

Facebook Twitter LINE

NEXT MATCH次の試合

チケット
オクタゴンガール
オフィシャルショップ
FANTASY