UFC 128 プレリム試合結果: ブラジルの爆撃機、ケインとバルボーザが大きな勝利を挙げる

UFC 128、プレリミナリー・ファイトの試合結果は以下の通り。

319日ニューアーク-土曜日の夜にプルデンシャル・センターで行われたUFC 128でライトヘビー級のノックアウト・アーティスト、ルイス”バーニャ”ケインは2連敗から脱出し、復帰戦のエリオット・マーシャルを1ラウンドでTKO、復活の狼煙を挙げた。

ケイン vs. マーシャル
この勝利でケインは1231ノーコンテスト、20103月以来のUFC復帰戦となったエリオット・マーシャルは3連敗、114敗となった。

試合後インタビューはこちら

バルボーザ vs. ンジョカーニ
ライト級の一戦でアンソニー・ンジョカーニをエキサイティングな接戦の末、判定で制した無敗のブラジル人ファイター、エジソン・バルボーザは無敗記録を守った。

試合後インタビューはこちら

判定は3名のジャッジとも29-28でバルボーザ。バルボーザはこれで80敗、WECでの活躍の後UFCデビューを飾ったンジョカーニは戦績を145敗と落とした。

アルメイダ vs. パイル
ウェルター級のベテラン・ファイター、マイク・パイルは昨年10月にUFC 120でジョン・ハザウェイを相手に見せたような目覚しいパフォーマンスは発揮できなかったものの、ニュージャージーのファイター、ヒカルド・アルメイダを相手に判定勝利には十分なパフォーマンスを見せた。

試合後インタビューはこちら

判定は29-283者ともパイルを勝者とした。パイルはこれで2171分け、アルメイダは13敗となった。


ペリグリーノ vs. チバウ
ブラジル人ファイター、グレイソン・チバウはライト級の一戦で僅差の判定でカート・ペリグリーノを下した。

試合後インタビューはこちら

判定は29-282名、28-291名でチバウの勝利となった。チバウはこれで327敗、ペリグリーノは216敗となった。


ベナヴィデス vs. ラブランド
WECバンタム級のコンテンダー、ジョセフ・ベナヴィデスはオクタゴンでも見事な活躍をみせ、激しい3ラウンドを戦い抜きイアン・ラブランドを判定で下した。

試合後インタビューはこちら

判定は29-28、そして2名が30-27をつけベナヴィデスが勝利、142敗と戦績をのばし、ラブランドは148敗となった。

カトーネ vs. フィリッポウ
急遽出場が決まったコスタ・フィリッポウだったがキャッチ・ウェイトで行われた一戦で、ニュージャージー出身のタフなニック・カトーネとタフな3ラウンドを戦った。しかしフィリッポウにこの急な出場は少々荷が重かった模様、カトーネが危なげなく3ラウンドをパウンドアウト、判定で勝利した。

試合後インタビューはこちら


この勝利でカトーネは92敗、フィリッポウは721ノーコンテストとなった。

アスンサオ vs. コク
WECフェザー級で活躍したエリック”ニュー・ブリード”コクは経験豊富なラファエル・アスンサオを1ラウンドでKOUFCのファン達に鮮やかな自己紹介を行った。

試合後インタビューはこちら

「言葉で今の気分は表せない、タフな相手に勝利できたデカイ一勝だ。これが俺のUFCデビュー戦だったから、衝撃を与えたかったんだ。」121敗となったエリック・コクは語った。なおこの敗北でラファエル・アスンサオの戦績は154敗となった。

メディア

最新
ファブリシオ・ヴェウドゥムとケイン・ヴェラスケスがコーチズ・チャレンジで対決。種目はおなじみのペナルティ・キック。サッカーは産まれて初めてと語るケインだが、自身の勝利には自信満々!果たして勝敗の行方は...?フル・エピソードはUFCファイトパスでお楽しみ下さい!
2014/10/21
一人のファイターが負傷により戦線離脱。チーム・メレンデスのファイター達がヘザー・クラークのヒザの状態を案じる中、チーム・ペティスの宿第6シード、宿敵フェリス・ヒーリングとクラークは5番目のプレリミナリ−・ファイトの為のフェイスオフを迎える。
2014/10/20
ヘザー・クラークとの再戦に備えるフェリス・ヒーリングのトレーニング・ハイライトを見てみよう。ジ・アルティメット・ファイターの最新エピソードは毎週水曜日FOX Sports 1で放送中!
2014/10/20
チーム・メレンデスのメンバー、ヘザー・クラークがジ・アルティメット・ファイターの最新エピソードで2013年にフェリス・ヒーリングに喫した敗北の雪辱を晴らす為の準備を進める。ヘザーのトレーニング・ハイライトを楽しんだあとは水曜日10PM/7PM ETPTからFOX Sports 1で勝負の行方を見届けよう。
2014/10/20