GSP、コンディット戦への軌跡

UFC welterweight champion Georges St-Pierre怪我による長期の戦線離脱後、UFCウェルター級王者ジョルジョ・サンピエール(以下GSP)が日本時間11月18日にモントリオールで行われるUFC  154のメインイベントにて、ウェルター級暫定王者、カルロス・コンディットと復帰戦を行う。この王者同士の対決は2012年ファンが最も待ち焦がれた一戦だろう。なぜそんなに待ち焦がれた一戦なのかは、このGSPの軌跡を見れば明らかだ。

2004年1月31日UFC 46 対カロ・パリジャン 3-0判定勝ち
この試合がいわゆるUFCデビュー戦である。カナダでは5戦全勝をあげていたが、当時GSPは無名の選手であった。対するパリジャンは少し前のUFCデビュー戦で、グラップリング力の高さを見せつけていた。しかし、この夜の主役はGSPだった。「GSPの打撃力が光る試合だった。パリジャンもグラウンドで応戦しようとしていたが、GSPのフィジカルとそのリングの使い方のうまさが優っていた」

2004年10月22日 UFC 50 対マット・ヒューズ 1ラウンドサブミッション負け
デビュー戦に続く2戦目でも勝利をあげたGSPはニューフェイスとして人気を獲得していった。しかし、ここで彼は自身のヒーローでもあるマット・ヒューズと対峙する事になる。ヒューズとの再戦前にその初戦を振り返りGSPはこう語った。「ヒューズとの初戦の時、まるで自分の中の幻影と戦っているみたいだった。こんなことは初めてだったよ。ヒューズは自分の前にいるのに、自分と向き合っているみたいだった。何もできなかった」しかし、GSPはタップする瞬間まで勝っており、あと1秒我慢すれば終了のブザーに救われたはずだった。「その試合を見返してみて気が付いたよ。この試合は勝てる試合だったって」しかし、そのリベンジを果たすのは2年後である。

2006年3月4日 UFC 58 対BJペン 2-1判定勝利
この試合もファンが待ち望んだ試合だったが、その1ラウンドが終了した時多くの人が、GSPが勝つなんて思いもしなかった。「この1ラウンドはキャリア最低のラウンドだった」試合後GSPは語った。しかも、GSPは激しく出血し続行も危ぶまれていた。しかし彼はあきらめずに王者に立ち向かい、そして勝利を手にした。「この時、ヒューズ戦から自分の精神力の成長を実感できた。敗北から立ち上がり勝利を得た。これが王者になるものと強いけれど王者にはなれない者の違いだと思う。上手いテクニックを身につける事はいくらでもできるけれど、精神的に強くならなければ勝つことはできない」

2006年11月18日 UFC 65 対マット・ヒューズⅡ 2ラウンドTKO勝利
階級トップファイター相手に5連勝を挙げた後、GSPは初敗北を喫した相手に二度目の挑戦の機会を得た。この時GSPは以前のGSPとは違った。2ラウンド、GSPはハイキックを極め、次の瞬間に新王者が誕生した。これこそGSPが待ち望んでいた瞬間であったが、そのわずか5か月後、どんなファイターも負ける時が来ることを知る事になる。

2007年4月7日 UFC 69 対マット・セラ 1ラウンドTKO負け
ファンはみなGSPの勝利を信じて疑わなかったが、勝負の世界では何が起こるかは分からないものだ。そして、一つのミスや一瞬の気の緩みは敗北を意味するのだ。試合前に個人的に問題が起きていたと後に言われたが、GSPはセラがこの日の為に完璧に練習し、自信に満ち溢れている事に気が付くべきだった。この敗北は痛い敗北となった。

2007年8月25日 UFC 74 対ジョシュ・コスチェック 3-0判定勝利
この試合はGSPのキャリアの中で最も重要な試合だろう。セラへの敗戦の後、人々の間ではGSPは才能はあるが偉大な選手にはなれない、という評が流れていた。しかし、GSPはそれについて何も語らず、この試合でその圧倒的な力を見せつける事でその評を覆したのだ。

2008年4月19日 UFC 83 対マット・セラⅡ 2ラウンドTKO勝利
GSPはプレッシャーを潜り抜けるたびに強くなるということを、この夜証明した。この日、故郷で行われたこの試合で圧倒的な力で制し、勝利を得た。「プレッシャーはあったが、それでこそ自分が研ぎ澄まされベストな状態になれる」そうGSPは語った。

2008年8月9日 UFC 87 対ジョン・フィッチ 3-0判定勝利
この日は、GSPにとって最もタフな試合になった。試合序盤はGSPのペースで試合は進んだが、試合が進むにつれ展開は厳しいものとなった。その判定スコアに疑問は残るが、しかし、ジャッジは全てのラウンドをGSPにつけ、GSPは王者の気質が問われたこの試合をモノにした。

2009年1月31日 UFC 94 対BJペンⅡ 4ラウンドTKO勝利
初対戦から3年後、二回目の対戦は2009年ベストバウトになった。初戦とは違い、ペンに比べて強く大きくなったGSPは試合をコントロールし、そして5ラウンド目を迎える前に試合を終わらせた。この試合はGSPの中で最も完璧な勝利であり、そしてパウンド・フォー・パウンドへと名乗りをあげる試合となった。

2011年4月30日 UFC 129 対ジェイク・シールズ 3-0判定勝利
BJペン戦後も、GSPは連勝し、残るはストライクフォース王者ジェイク・シールズと真の王者をかけての一戦を残すのみとなった。そしてこのトロントで行われた55,000人という記録的な観客を前に、またもやGSPが圧倒的な勝利を見せつけたのだ。日本時間11月18日、コンディット相手にまたGSPがそのような魔法を見せてくれるだろう。

メディア

最新
無敗のライト級、マイルズ・ジューリーがUFC Japan 2014大会での勝利を振り返る。15戦全勝の“フューリー”のアクションをUFCファイトパスで楽しもう!
2014/09/20
UFC Japan 2014大会で勝利したマーク・ハントがブライアン・スタンのインタビューに答え、本日誕生日を迎える2歳の娘を祝福。UFCファイトパスでUFC Japan 2014大会をもう一度楽しもう。
2014/09/20
UFC Japan 2014大会のヘッドライナー、マーク・ハントがミーガン・オリヴィのインタビューに答え、ロイ・ネルソン戦でのノックアウトを振り返る。UFCファイトパスでUFC Japan 2014大会をもう一度楽しもう。
2014/09/20
UFC Japan 2014大会でアミール・サドラーを下した秋山成勲が語る言葉を聞いてみよう。UFC Japan 2014大会をUFCファイトパスでもう一度楽しもう。
2014/09/20