エドガーのストーリーがジェッツの勝利を後押し

「あの男(エドガー)は演説代より辛うじて背が高いって程度で、でもUFCのチャンピオンシップでBJ ペンを破ったんだ。」ジェッツのクオーターバック、マーク・さんチェスは語った。「みんな彼のことなんて頭に無かった。」

MMA13戦を、そしてBJ ペンと10ラウンドを戦った後のUFCライト級チャンピオン、フランキー・エドガーが果たして神経質になることがあるのか、と思うかもしれない。しかしトムズ・リバーの英雄はNFLのニューヨーク・ジェッツとのサタデイ・ナイト・チャットの後、数人の取り巻きに認める。


「全てのことと同じように、僕はスピーチもうまくやりたいと望んでいたから、終わった後に(マネージャーの)シャリ(シャリ・スペンサー)と周りの連中に”どうだったかな?どうだったかな?”って尋ね続けたんだ。自分がうまくやったって確認したかったんだ。僕はこれこれをやりました、みたいなことだけを言うのではなく、彼らの心の中に入っていきたかったんだ。」

彼はやりとげた。

有名アスリートやセレブリティーが試合前のスポーツチームを相手に話をすると多くの場合ただの写真撮影会になってしまうなか、エドガーはAFCイースタン・ディヴィジョンの首位選手たちを共鳴させるだけでなく、土曜日に行われたヒューストン・テキサンズとの試合で残り時間10秒、30-27での逆転へと彼らを鼓舞したのだ。

「あの男(エドガー)は演説台より辛うじて背が高いって程度で、でもUFCのチャンピオンシップでBJ ペンを破ったんだ。」ジェッツのクオーターバック、マーク・サンチェスは語った。「みんな彼のことなんて頭に無かった。みんながリマッチを望んだとき、彼はそれを受けて更にこっぴどくBJを破った。精神的にもタフで、肉体的にもタフってことなんだ。昨晩チームに彼がやってきて話をしてくれた。完璧なタイミングだったよ。あきらめないこと、意表をつくこと、最後まで戦うこと。戦うことと自分とチーム、そして周りの人々を信じること。こういったことだけが彼があの試合に勝利することができるって言えることなんだ。今夜も、先週も、そして先々週も多くの人々が俺たちのことは頭に無かったと思うよ。ジェッツのマークの入った仲間を互いに見れば、俺たちは全てが終わるまでチャンスはある、って分かるんだ。あのような奴を呼んで、ちょっとインスピレーションをもらうってのは最高だ。フランキーが来てくれたのは素晴らしいことだったよ。」

「凄く適切だった。」オフェンシブ・タックルのディブリッカシャウ・ファーグソンはニューヨーク・タイムズに述べた。「精神的タフさ、それがこの試合の全てだった。」

では魔法の公式は何なのだろうか?

「本当に、僕は僕自身だ。」11日にUFC 125 でグレイ・メイナードと155ポンドのタイトル防衛線を行うエドガーは語った。「何か原稿を書こう、って考えたこともあった。でも僕自身であり続ける、ってことが僕にできた最高のことだった。僕たちはほぼ同じような年齢で、公共の注目のなか同じボートに乗っていて、そして僕たちはアスリートなんだ。だから自分自身でいるということで彼らの心の中に入っていけるって考えたんだ。彼らにただ僕のストーリーを話したんだ。どのようにレスリングで成功したか、僕が経験してきた成功と失敗、そして努力を要したことなどに関してね。タフでなくてはいけない、精神的に強くなくてはいけない、そしてハードなトレーニングを自ら望まなくてはいけないんだ、ってね。」

ギャング・グリーン”の面々とのスピーチとミーティングのあと、エドガーは試合の当日ニュー・メドウランド・スタジアム(エドガーの座席はソプラノ歌手、ジェームズ・ガンドルフィーニの隣だった)に足を運び、フィールドの戦士たちと一層の親睦を感じた。第4クオーターにジェッツが23-7でリードしたときには口から心臓が飛び出そうだった、と語っている。

「彼らがあれほどリードしていた時の僕は、”完璧、クール”って感じだったよ。」エドガーは笑った。「絶対に勝って欲しかった。僕は生まれもっての負けず嫌いさなんだよ。僕が彼らと話をしたあとに彼らが負けてしまうってのは嫌だったんだ。」

テキサンズの逆襲が始まる。ニール・ラッカーズによる二つのフィールド・ゴール、そしてジョエル・ドレッセンとアリアン・フォスターにタッチダウンを許し残り時間55秒で27-23とリードを許した。しかしサンチェスは彼の戦友を一度集めると、ホームズに渡るタッチダウン・パスで試合を決めたのだった。

「彼らがワン・タッチダウン差で負けているとき、僕は今こそ全力を尽くさなくてはいけないって言ったんだ。まさにあのスピーチの後の完璧なシナリオだったよ。」エドガーは続けた。「タイソン(タイソン・グリフィン)との試合(UFC 67)を思い出したね。判定では勝っている、って思っていたんだけどニーバー(ヒザ十字)につかまってしまって、必死になって逃げ出さなければならなかった。まさに彼らが昨日やら無くてはならなかったことだね。」

写真The Spencer Firm

Watch Past Fights

メディア

最新
UFCファイトナイトへのカウントダウンがゲガール・ムサシとジャカレ・ソウザのトレーニングキャンプに潜入!6年前に対決した時とはともに別人となったTOP10ミドル級ファイター堂z氏の注目の一戦をお楽しみに。
2014/09/01
UFCファイトナイトへのカウントダウンが皆さんを重量級同士の激突に備えるヘビー級のアリスター・オーフレイムとベン・ロズウェルのトレーニングキャンプにご招待。
2014/09/01
UFCファイトナイトへのカウントダウンでニューイングランドの人気者ジョー・ロウゾンと同級のサブミッションの達人にしてTUF 15優勝ファイターのマイケル・キエーザのトレーニングキャンプの様子を見てみよう。
2014/09/01
サブミッションが冴え渡るミドル級7位のゲガール・ムサシが才能あふれるレスラー、マーク・ムニョスを相手にそのグラウンド・テクニックを披露。UFNマシャンタケット大会のメインイベントで実現するムサシとジャカレ・ソウザの闘いをお楽しみに!
2014/09/01