フィッシャー、スタウトと雌雄を決する戦いへ

「俺とサム・スタウトは、一方を抜きには語れない存在だ。今回の試合でその傾向はますます強まると思うよ」‐スペンサー・フィッシャー
UFC lightweight Spencer Fisher  35年間、フィッシャーはなんでも一人で成し遂げることができると感じていた。しかし36歳になったとき、誰かの手助けが必要だと気が付いた。そこで荷物をまとめ、家族を残し、西に向かって数週間の一人旅に出た。結果的に、それはMMAファイターとしてベストな選択となった。

 「人生において、どんな時でもコーチは必要だと思う。そして俺は今まで、自分で自分をコーチしてきた」フィッシャーはそう語った。「どうすればいいのか十分に分かっていたつもりだったけど、それでも客観的な視点から『もっともっと』と鼓舞してくれる存在が必要だと思った。フレディ・ローチや、ハファエル・コルデイロのようなコーチたちとトレーニングするのが夢だったんだ」

 もしあなたが格闘技を少々かじったことがあれば、この二人の名前はおなじみだろう。ローチは現在、マニー・パッキャオやアミール・カーンなどのトレーナーをしており、何度もボクシングのトレーナー・オブ・ザ・イヤーを受賞している。コルデイロもシュートボクセ・チームの黄金時代を築き、現在はヴァンダレイ・シウバマーク・ムニョス、そしてファブリシオ・ヴェウドゥムなどのスター選手を育てている。そんな二人がいるワイルド・カードとキングスMMAジムをトレーニング先に選んだのは当然の選択だった。

 「これまでと違った視点が欲しかったし、コルデイロは俺のアグレッシブなスタイルを評価してくれ、そこに新たなものを加えてくれている。そして、フレディ・ローチは真の達人だ。今回の試合のためにここに来たが、夢が叶ったよ。どんな風に自分が変わるのか楽しみだ」

 今回、フィッシャーはダブルメインイベントとして、サム・スタウトと対戦する。この二人は過去に二度対戦しており、結果は1勝1敗。両者が雌雄を決するこの一戦は、ベテランを次の高みへと突き動かしている。そして何より、フィッシャーは2009年10月から現在まで、5戦4敗と不調に陥っているため、自分を変える必要に迫られている。前回の試合から約1年の時を経て、36歳のファイターは再び立ちあがった。

 フィッシャーのキャリアに再び火を付ける上で、スタウトは理想的な相手だ。過去2度の対戦を見ると、2006年はスタウトが勝ち、2007年はフィッシャーだった。2度の激闘のあと、どちらか片方のことを語る時、もう片方が引き合いに出されることが常識化した。

 「俺たちはフォレスト・グリフィンステファン・ボナーのような関係だと思う」とフィッシャー。「スタウトは素晴らしいファイターだし、オールラウンダーで、ブラジリアン柔術のスキルも隠し持っているはずだ。それにテイクダウンに対するディフェンスも強い。そんな彼に対応するためにあらゆる準備をしている」

 「グラウンド勝負になる事もありうるよ」そうフィッシャーは語った。「最初はスタンド勝負になると思うけど、試合だからどうなるか分からない。俺はテイクダウンもしにいこうと思っているけど、とにかくどんな状況にも対処できると思う」

 あらゆる局面を想定して練習を行うのはベテランらしいスマートな戦略だろう。特にお互いをよく知る二人なら、15分の追加ラウンドを戦うようなものだ。この二人は最後のベルが鳴るまで戦い続ける。これこそがフィッシャーがこの10年間行ってきたことだ。ただ、その姿もこれで見納めになる可能性がある。

 今後について尋ねた時「それは試合後にしよう」とフィッシャーは言った。トレーニングのために娘の誕生日をお祝いできなかったことを残念がっていたフィッシャーは、このスポーツをずっと続けていくことは難しいと理解している。しかし、ライバルと対峙する時は、36歳という自分の年齢を忘れていることだろう。

 「勝つにしろ負けるにしろ、戦いは素晴らしい。怖くもあり、興奮もしている。これ以上の試合はなかなかないだろう。もちろん勝つのが一番だが、でもファンはエキサイティングな3ラウンドを望んでいると思うし、そんな試合を見せたい。俺とサム・スタウトは、一方を抜きには語れない存在だ。今回の試合でその傾向はますます強まると思うよ」

メディア

最新
昨晩のBT Sportsのビヨンド・ジ・オクタゴンでフェザー級のコナー・マグレガーとチャド・メンデスがトラッシュトークの応酬を繰り広げた。UFCファイトパスでコナーのチェックリストを見てみよう。http://www.ufc.tv/category/conors-checklist
2014/10/22
Neil Magny reflects on his experience on The Ultimate Fighter and what compels him to perform at his best every time he enters the Octagon.
2014/10/22
ジョゼ・アルドはジュニオール・ドス・サントスと共にトレーニング。チャド・メンデスがリオに到着。フィル・デイヴィスは自身の体重をチェックする一方、グローヴァー・テイシェイラはUFCでの初敗北からの復活を胸にトレーニングを続ける。
2014/10/22
All-time great Anderson Silva discusses the growth of MMA, how his injury impacted his life outside the Octagon, and how he is preparing to face dangerous striker Nick Diaz at UFC 183.
2014/10/22