リアリティ番組で発掘されたゴードンがUFC 211でUFCデビュー

日本時間5月14日(日)にテキサス州ダラスで開催されるUFC 211において、UFC.comで放送中のUFCのリアリティ番組、「デイナ・ホワイト:ルッキング・フォー・ア・ファイト」で発掘された、ニューヨーク出身のジャレッド・ゴードン(アメリカ 12勝1敗)が、UFCデビュー戦を、ミシェル・キニョネス(アメリカ 8勝1敗)と戦うことが決まった。

2011年からプロに転向したゴードンは、ここまで12試合で7回の一本勝ちを収めており、ここ最近は3連勝中と調子を上げている。ビル・アルゲオからの判定勝ちを収めたばかりの28歳になるゴードンは、現在5連勝中、しかもそのうち3勝はKOという打撃のエキスパートであるキニョネスと対戦することになった。

なお、UFC 211のメインイベントとしては、ヘビー級タイトルマッチとして、王者スティペ・ミオシッチに、元王者ジュニオール・ドス・サントスが挑むことになっており、さらにセミメインイベントとしては、女子ストロー級タイトルマッチとしてヨアンナ・イェンドジェイチェクが、ジェシカ・アンドラージと対戦することになっている。

メディア

最新
UFCファイトナイト・ナッシュビル出場選手が公式計量を終えてフェイスオフ!
2017/04/21
日本時間4月22日(土)に行われたUFCファイトナイト・ナッシュビルの公式計量の模様
2017/04/21
UFCファイトナイト・ナッシュビルの本番を前に行われた公開練習の模様
2017/04/20
ニックネームである”ライオンハート”が自分そのものを表していると明かすディエゴ・サンチェス
2017/04/19