ショーグンvsヴェラ 青写真

マイケル・ディサントが日本時間8月5日に開催されるUFC on FOXのメインイベントを徹底予想する

UFC on FOX 4 - Rua vs. Vera  時計を2006年の11月18日に巻き戻そう。  私はそのことを、昨日のことのように思い出すことができる。UFC 65で、当時上り調子の新星だったブランドン・ヴェラは、UFCのレジェンドであるフランク・ミアと対戦。わずか69秒でKO勝利を収め、MMA界を震撼させた。

 しかし、ここからヴェラのキャリアは転落の一途を辿る。続く4試合で3敗を喫し、そのあと連勝を収めたものの、目下3連敗中だ。これほどの才能が、ここまでのスピードで転落するのは珍しい。

 そして日本時間8月5日、ヴェラは元UFC王者にして元PRIDE王者でもあるマウリシオ・“ショーグン”・フアと対戦する。当然、この試合の本命はショーグンだ。勝てば9月の王者ジョン・ジョーンズvsダン・ヘンダーソンの勝者とタイトルをかけて戦う可能性が高い。

 それでも、この試合の重みをより感じているのはヴェラのはずだ。この一戦はキャリアの存亡をかけた一戦であり、勝てば再びタイトル争いに食い込めるという意味で、その価値は計り知れない。負ければ、進退について考えなければいけなくなるだろう。

 ショーグンはUFCで最も恐れられるストライカーで、さらにヴェラもスタンドでの攻防に重きを置くタイプだ。ただ二人のスタイルは違う。

 ショーグンは“拳のカオス”とも呼ぶべき乱打を得意としている。これはシュートボクセ・アカデミー出身のファイターの特徴だ。テクニカルな試合運びより、打ち合いを得意とする。そしてショーグンは、そのなかでも最も優秀な卒業生だ。

 一方のヴェラは、戦術家のなかの戦術家だ。ローキックの名手で、右のパンチも素晴らしく、左のフックも同様だ。よく動いて、様々な角度から攻撃を繰り出す、テクニカルなキックボクサーだ。ただ、ショーグンのように前に出てくる相手は苦手としている。

 どちらもインファイトを制するだけの力があるが、その展開になったら恐らくショーグンが勝つだろう。ただ、ヒット&アウェイを駆使すれば、ヴェラはうまくやるはずだ。

 テイクダウンは忘れていい。ヴェラは優秀なレスラーだし、眠ってでもいない限り、ショーグンにテイクダウンされることはないだろう。また、自らグラウンドの攻防に持ち込むこともできるはずだ。それでも、床ではショーグンの方が多彩な技術を誇り、さらに守備の面で特に優れるため、グラウンドでの攻防はおススメできない。

 普通に考えれば、この一戦ではショーグンが有利だ。ここ数年の実績でも上回っているし、勝利パターンも多彩だ。

 ただ、ヴェラを侮ってはいけない。ミアを破壊したように、ワールドクラスのファイターを相手には強さを発揮する。ヴェラの潜在能力は捨てがたい。机上のポテンシャルでいえば、どのファイターも適わない。私は彼の対戦相手の勝利に賭けたりはしない。


マウリシオ・“ショーグン”・フア
・30歳
・20勝6敗
・最近5試合で2勝3敗
・最近10試合で6勝4敗
・KO/TKO勝利が85%
・判定勝利が10%
・サブミッションでの勝利が5%
・元UFCライトヘビー級王者
・元PRIDEミドル級王者
・ノックアウト・オブ・ザ・ナイトを2度受賞
・ファイト・オブ・ザ・ナイトを2度受賞
・259日間試合をしていない
・最長の休養期間は483日


ブランドン・ヴェラ
・34歳
・12勝5敗1ノーコンテスト
・最近5試合で2勝2敗1ノーコンテスト
・最近10試合で5勝4敗1ノーコンテスト
・KO/TKO勝利が58.3%
・判定勝利が33.3%
・サブミッションでの勝利が8.3%
・249日間試合をしていない
・最長の休養期間は336日

メディア

最新
UFC復帰を決めたニック・ディアスがUFC.comの独占インタビューに応じた。ニックがアンデウソン・シウバとのスーパーファイトの可能性、どのように格闘技にかかわる様になったのかなど、様々なことについて語る。
2014/07/28
アンソニー“ランブル”ジョンソンがUFCファイトナイト・サンノゼ大会で鮮烈な勝利を納める。試合後にジョー・ローガンのインタビューに答えるジョンソンの言葉を聞いてみよう。
2014/07/26
ライトヘビー級の有望ファイター、ライアン“ダース”ベイダーがUFC 144で対戦したランペイジ・ジャクソンをその動きとスピードで圧倒。ベイダーはUFCファイトナイト・バンゴー大会でオーヴィンス・サンプルーと対戦。
2014/07/28
元オリンピック・レスラーのサラ・マクマンのトレーニング・キャンプにアルティメット・インサイダーが潜入。日本時間8月17日に開催されるUFCファイトナイト・バンゴー大会のオクタゴンで行われるマクマンの次戦をお見逃し無く!
2014/07/27