UFC 125 プレリム - “リル・ヒーサン” 破壊的なKOを披露!

UFC 125のプレリムの試合結果は以下の通り。

デイヴィス vs. ステフェンス

11日ラスベガス-ジェレミー・ステフェンスは土曜日にMGMグランド・ガーデン・アリーナで行われたUFC 125のプレリミナリー・ファイトで3ラウンドの身も凍るようなノックアウトでマーカス・デイヴィスのライト級デビュー戦を散々なものとした。
 
試合後インタビューはここをクリック

この勝利でステフェンスの戦績は196敗、デイヴィスは229敗と戦績を落とした。試合が止められた瞬間のジャッジの判定は2名が1919でイーブン、残る1名が2018でデイヴィスに付けていた。

グリスピ vs. ポイリエール
UFC
フェザー級王者、ホセ・アルドの負傷がなければジョシュ・グリスピは今夜、タイトルマッチを戦っているはずだった。しかしホセの代わりに彼が迎えたのはダスティン・ポイリエールという名の電動ノコギリのようなファイターだった。そしてダスティンはタイトルマッチ同様のレベルの高いパフォーマンスを発揮し、3ラウンドの判定でグリスピから勝利を奪った。
 試合後インタビューはここをクリック

ジャッジの判定は3027でポイリエールを勝者とした。

この勝利でポイリエールの戦績は91敗、グリスピは142敗となり2006年ぶりの敗北を記録することとなった。

バローニ vs. タヴァレス
TUFシーズン11に登場したブラッド・タヴァレスは1ラウンドにベテランファイター、フィル・バローニを撃破し、ミドル級戦線で快進撃を続けている。
 試合後インタビューはここをクリック

タヴァレスはこれで61敗、バローニは1313敗となった。

ブラウン vs. ヌニェス
ブラジルのディエゴ・ヌニェスは元WECフェザー級王者、マイク・ブラウンを3ラウンドに渡るエキサイティングな試合の末スプリット判定で破り、そのキャリアで最大の勝利を挙げた。
試合後インタビューはここをクリック

判定は29282名、1名が2829でヌニェスが勝利。これで戦績を161敗と伸ばした。方やブラウンはこれで246敗となった。

ロバーツ vs. ソト
ダニエル”ニンジャ”ロバーツは1ラウンドで同じく期待の若手、グレッグ・ソトを流れるようなサブミッションでしとめて戦績を伸ばした。
 試合後インタビューはここをクリック

この勝利でロバーツは122敗、ソトは82敗となった。
ヴォルクマン vs. マックギー
これはアントニオ・マックギーの典型的な試合であった。ベテラン・ファイター、マックギーは彼のキャリアで22回目となる判定に試合の結果を委ねることとなったが、今回彼は勝利を得ることはできなかった。ライト級で行われたオープニング・マッチで攻防の乏しい3ラウンドを判定で勝利したのはジェイコブ・ヴォルクマンであった。

判定は29282名、28291名でヴォルクマンを勝者とし、ヴォルクマンはこれで122敗、この試合でオクタゴンデビューを飾ったマックギーは戦績を2542分けと落とした。

メディア

最新
ドミニク・クルーズ、セザール・フェレイラ、ギルバート・バーンズが今週末に開催されるUFNバルエリ大会に併せて開催されたファンイベントに集結したファンのサイン攻めとフォトセッションに応じる。
2014/12/18
UFC Fight Night Barueri Media Day and Open Workouts at Allianz Parque on December 18, 2014 in Sao Paulo, Brazil. (Photos by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)
2014年は乱気流に飲み込まれた元UFCバンタム級王者のヘナン・バラオ。バラオはバルエリ大会のミッチ・ゲイグノン戦で仕切り直しをする計画だ。ゲイグノン戦に備えるバラオのトレーニング・キャンプの様子を見てみよう。
2014/12/18
UFCミニッツのホスト、リサ・フォイルズがデレク・ブランソン vs. エド・ハーマン、マーク・ムニョスの対戦相手情報、そしてデイナのダウンロードの最新エディションに関する情報を解説。
2014/12/18