UFC 135 メインカード結果 - コス、ヒューズを1ラウンドで仕留める; ディアス、五味を圧倒

UFC 135メインカード結果
9月24日デンバー – 土曜日にペプシセンターで行われたUFC 135のコメインイベントに登場したホール・オブ・フェイマー、マット・ヒューズは1ラウンドが終了するほんの数秒前まで、ジョシュ・コスチェックを相手にシャープでそしていかなる事態にも対応できるように見えた。しかし若く、そしてスピーディーなコスチェックがひとたびヒューズに襲い掛かると、一連の重たい打撃でヒューズに2連続KO負けという厳しい結果を与えることになった。
試合後インタビューはこちら

“引退はしない” ヒューズは続けた。 “UFCに俺を解雇しろって言って、どうなるかを見てみるよ。”
ヒューズの試合後インタビューはこちら

コスチェックはこれで18勝5敗、ヒューズは46勝9敗となった。

ロスウェル vs. ハント

K-1で活躍したスーパースター、マーク・ハントは向上した寝技を披露、3ラウンドを戦い抜きベン・ロスウェルを3-0の判定で下した。
試合後インタビューはこちらは

29-28,29-27、そして30-27で勝利したハントは7勝7敗。ロスウェルは31勝8敗となった。

ブロウニ vs. ブロウトン

ヘビー級の有望株トラヴィス・ブロウニはロブ・ブロウトンに3-0の判定で勝利、無敗記録を守った。
試合後インタビューはこちら

ジャッジの判定は3者とも 30-27 でブロウニ。

ディアス vs. 五味

ネイト・ディアスはライト級復帰戦で素晴らしいパフォーマンスを発揮、正確な打撃と柔術テクニックで元PRIDE王者五味孝典を圧倒、1ラウンドにサブミッションでしとめた。
試合後インタビューはこちら

ディアスはこれで14勝7敗、五味は32勝8敗1ノーコンテスト。ディアスの兄ニックは2007年にPRIDEで五味と戦い2ラウンドにサブミッションに捉えたものの、試合後にノーコンテストとなっていた。

メディア

最新
ジ・アルティメット・ファイター 19、エピソード 2のオクタゴン・フォトを見てみよう。本エピソードではヘクター・ウルビーナ対キャサル・ペンドレッドをフィーチャー。
2014/04/23
ジ・アルティメット・ファイター 19:ビフォー&アフター・フォト
2014/04/23
UFC 172ではライトヘビー級王者ジョン・ジョーンズが七度目の王座の防衛を狙う。またアンソニー・ジョンソンがオクタゴンに復帰。果たしてUFCライトヘビー級の勢力図はどのように書き換えられるのか...?日本時間4月27日に開催されるUFC 172(日本国内ではWOWOWがライブ中継を担当)を見逃すな!
2014/04/21
UFC 172が迫る中、UFCレポーターのミーガン・オリヴィがUFCレジェンドのチャック・リデルにインタビュー。ジ・アイスマンは自身のキャリアを振り返り、グローヴァー・テイシェイラとUFCライトヘビー級王者ジョン・ジョーンズの一戦を予想。インタビューのノーカット映像はファイトパスでお楽しみ下さい!
2014/04/23