UFC 135 メインカード結果 - コス、ヒューズを1ラウンドで仕留める; ディアス、五味を圧倒

UFC 135メインカード結果
9月24日デンバー – 土曜日にペプシセンターで行われたUFC 135のコメインイベントに登場したホール・オブ・フェイマー、マット・ヒューズは1ラウンドが終了するほんの数秒前まで、ジョシュ・コスチェックを相手にシャープでそしていかなる事態にも対応できるように見えた。しかし若く、そしてスピーディーなコスチェックがひとたびヒューズに襲い掛かると、一連の重たい打撃でヒューズに2連続KO負けという厳しい結果を与えることになった。
試合後インタビューはこちら

“引退はしない” ヒューズは続けた。 “UFCに俺を解雇しろって言って、どうなるかを見てみるよ。”
ヒューズの試合後インタビューはこちら

コスチェックはこれで18勝5敗、ヒューズは46勝9敗となった。

ロスウェル vs. ハント

K-1で活躍したスーパースター、マーク・ハントは向上した寝技を披露、3ラウンドを戦い抜きベン・ロスウェルを3-0の判定で下した。
試合後インタビューはこちらは

29-28,29-27、そして30-27で勝利したハントは7勝7敗。ロスウェルは31勝8敗となった。

ブロウニ vs. ブロウトン

ヘビー級の有望株トラヴィス・ブロウニはロブ・ブロウトンに3-0の判定で勝利、無敗記録を守った。
試合後インタビューはこちら

ジャッジの判定は3者とも 30-27 でブロウニ。

ディアス vs. 五味

ネイト・ディアスはライト級復帰戦で素晴らしいパフォーマンスを発揮、正確な打撃と柔術テクニックで元PRIDE王者五味孝典を圧倒、1ラウンドにサブミッションでしとめた。
試合後インタビューはこちら

ディアスはこれで14勝7敗、五味は32勝8敗1ノーコンテスト。ディアスの兄ニックは2007年にPRIDEで五味と戦い2ラウンドにサブミッションに捉えたものの、試合後にノーコンテストとなっていた。

メディア

最新
UFC ミニッツのホスト、リサ・フォイルズが、先日、UFCにて3勝2敗の戦績をもって10年間のキャリアに終止符を打ったジョーダン・メインの闘いを振り返る。
2015/08/27
UFCミニッツのホスト、リサ・フォイルズがラスベガスのMGMグランドガーデン・アリーナで実現する待望の一戦、デメトリアス・ジョンソン対ジョン・ドッドソンの見所を解説。
2015/08/26
UFC 191:ジョンソン vs. ドッドソン 2大会のメインイベンターとセミ・メインイベンター達が参加する電話記者会談を聞いてみよう。日本時間8月28日金曜日午前6時開始。
2015/08/25
UFC 191:特別プレビューでデメトリアス・ジョンソンとジョン・ドッドソン、それに両者のコーチであるマット・ヒュームとマイク・ウィンクルジョンとグレッグ・ジャクソンの言葉を聞いてみよう。さらにジョー・ローガンがセミ・メインイベントで実現するフランク・ミア対アンドレイ・アルロフスキーの見所を分析。
2015/08/25