UFC 135 メインカード結果 - コス、ヒューズを1ラウンドで仕留める; ディアス、五味を圧倒

UFC 135メインカード結果
9月24日デンバー – 土曜日にペプシセンターで行われたUFC 135のコメインイベントに登場したホール・オブ・フェイマー、マット・ヒューズは1ラウンドが終了するほんの数秒前まで、ジョシュ・コスチェックを相手にシャープでそしていかなる事態にも対応できるように見えた。しかし若く、そしてスピーディーなコスチェックがひとたびヒューズに襲い掛かると、一連の重たい打撃でヒューズに2連続KO負けという厳しい結果を与えることになった。
試合後インタビューはこちら

“引退はしない” ヒューズは続けた。 “UFCに俺を解雇しろって言って、どうなるかを見てみるよ。”
ヒューズの試合後インタビューはこちら

コスチェックはこれで18勝5敗、ヒューズは46勝9敗となった。

ロスウェル vs. ハント

K-1で活躍したスーパースター、マーク・ハントは向上した寝技を披露、3ラウンドを戦い抜きベン・ロスウェルを3-0の判定で下した。
試合後インタビューはこちらは

29-28,29-27、そして30-27で勝利したハントは7勝7敗。ロスウェルは31勝8敗となった。

ブロウニ vs. ブロウトン

ヘビー級の有望株トラヴィス・ブロウニはロブ・ブロウトンに3-0の判定で勝利、無敗記録を守った。
試合後インタビューはこちら

ジャッジの判定は3者とも 30-27 でブロウニ。

ディアス vs. 五味

ネイト・ディアスはライト級復帰戦で素晴らしいパフォーマンスを発揮、正確な打撃と柔術テクニックで元PRIDE王者五味孝典を圧倒、1ラウンドにサブミッションでしとめた。
試合後インタビューはこちら

ディアスはこれで14勝7敗、五味は32勝8敗1ノーコンテスト。ディアスの兄ニックは2007年にPRIDEで五味と戦い2ラウンドにサブミッションに捉えたものの、試合後にノーコンテストとなっていた。

メディア

最新
今回のMetroPCSムーブ・オブ・ザ・ウィークではUFC 175でアレックス・キャセレスを相手にユライア・フェイバーが見せたサブミッションをフィーチャー。
2014/11/26
インヴィクタFC 9大会のメインイベントでミシェリー“ザ・カラテ・ホッティ”ウォーターソンが挑戦者の玉田育子と対戦。ウォーターソンはUFCファイトパスを通じてライブ中継されるインヴィクタFC 10でブラジルのサブミッションの名手、エルシア・チブルシオを相手にタイトル防衛戦に臨む。
2014/11/28
フェザー級ランキング13位のチャールズ・オリヴェイラが日沖発をサブミッションで下した最初の男になると共に高いテクニックを持つ新生代ブラジリアンの強さを見せつける。オリヴェイrはUFN:ア・チャンピオン・ウィル・ビ・クラウンド大会でランキング10位のジェレミー・スティーブンスと対戦。
2014/11/28