UFC 135 メインイベント結果 - ランペイジ、王者ジョーンズの4ラウンドの猛攻に沈む

UFC 135メインイベントの結果は以下の通り
9月24日デンバー - UFCライトヘビー級王者ジョン・ジョーンズに課せられた新たな試練。土曜の夜に史上最も若い王者はペプシセンターで行われたUFC 135のメインイベントでランペイジ・ジャクソンの力強い攻撃をいなしきり、4ラウンドにサブミッションでランペイジを捉えると205ポンドのベルトの防衛に成功した。

「俺たちのゲームプランはクイントン・ジャクソンとだって打撃でやり合えるってことを証明することだったんだ。」3月の試合マウリシオ・ショーグンからベルトを奪ったばかりの24歳のジョーンズは語った。「彼は俺の打撃を見くびっていた、だからマイク・ウィンクルジョンとトレーニングを積んで、それを証明するために打撃に磨きをかけたんだ。」

「人生で一番のシェイプだった。」ジャクソンは語った。「俺は彼はまやかしだって考えていたんだ。だけど奴は強かったよ。脱帽だね。全力を出した、これがこれまでで最高のランペイジだ、良い思い出が出来たぜ。」

王者ジョーンズはこれで14勝1敗、ランペイジは32勝9敗となった。

メディア

最新
UFC 186でシェーン・キャンプベルを倒したジョン・マクデッシーがUFC通信員のミーガン・オリヴィのインタビューを受ける。
2015/04/26
ブラジルの有望株トーマス・アルメイダは、UFC186にてイーヴス・ジャボウィンを1ラウンドで仕留めた。UFC通信員のミーガン・オリヴィが、アルメイダに試合後インタビュー。
2015/04/26
UFCフライ級王者のデメトリアス・ジョンソンは、UFC186にて堀口恭司を5ラウンド腕十字で下して6度目のタイトル防衛に成功した。ジョンソンが、UFC通信員のミーガン・オリヴィにその闘いを振り返る。
2015/04/26
UFC 186で活躍した選手達や、UFC代表ホイナ・ホワイトの言葉をこの記者会見ハイライトで聞いてみよう。
2015/04/26