ケイン、本来のスタイルを取り戻しシウバをフィニッシュ - UFC 146、メインカード結果

UFC 146、メインカードの結果は以下の通り…。

 現地時間5月26日ラスベガス-この数年来、我々はオクタゴンの中で恐ろしいカットと凄惨な流血劇を目撃してきたとは言え、土曜日の夜にMGMグランド・ガーデン・アリーナで開催されたUFC 146のコメインイベントで最高の仕上がりで登場したケイン・ヴェラスケスによるヒジと、それに続く容赦の無い雪崩のようなグラウンド&パウンドの過程でアントニオ・“ビッグ・フット”・シウバから噴出した鮮血の量に匹敵するほどの流血劇は殆ど見当たらない。

 伝説的なファイター、エメリヤーエンコ・ヒョードルを打ち破ったことで知られるシウバのUFCデビュー戦は、試合開始のベルが鳴るとすぐに一方的な展開となった。さらにシウバにとって都合が悪かったことはシウバはヴェラスケスの猛攻撃のみならず、自身の顔面を流れ落ちるおびただしい流血にも対処しなくてはならなかった、と言うことだ。

 1ラウンドの3分36秒で迎えたこの試合の決着の際には、シウバは仰向けになり、レフリーのジョシュ・ローゼントールに試合をストップし、ヴェラスケスのTKOによる勝利を宣言することを促した。

 「過去を乗り越え、正しい方向に一歩を踏み出すだけだ。素晴らしいね。この試合はまさに正しい方向に踏み出した一歩なんだ。」昨年ジュニオール・ドス・サントスにそのタイトルを奪われて以来、初の勝利を獲得したヴェラスケスは語った。「チームメイトのダン・コーミエはかつてビッグフット・シウバと対戦した。彼は俺に今夜の試合の助けとなるいくつかのことを教えてくれた。」

ロイ・ネルソン VS デイヴ・ハーマン

 いったいどうやったらあんなに太っちょなのに、パンチの早い男になれるのか?

 それはロイ・ネルソンがあの突然の豪快な右でデイヴ・ハーマンを殴り倒し、集団催眠にでも掛かってしまったような観客達から“おー!”とか“あー!”と言った大歓声を引き出したときに、私の脳裏に浮かんだ疑問だった。たった51秒、ロイ・ネルソンの今夜の仕事はそれで終わりだった。ラスベガス在住のネルソンはオクタゴンの上に飛び乗ると観客席に向かって喜びを表し、彼の専売特許となった腹揉みパフォーマンスを披露した。

 「俺との試合を受けてくれた“ピー・ウィー”には感謝したい。他の奴等は俺との対戦を受けてくれなかったからな」戦績を18勝7敗と伸ばしたネルソンは語った。

 一方のハーマンは戦績を21勝4敗と落とした。

ネルソンの試合後インタビューはこちら

スタイプ・ミオシッチ VS. シェーン・デルロサリオ

 無敗同士の対決となったこの一戦で、スタイプ・ミオシッチのスタミナとグラップリング・ゲームが次第にシェーン・デルロサリオを圧倒、2ラウンドでのTKO勝利に漕ぎ付けた。2ラウンドには失速したものの、1ラウンドには多数のキックとミオシッチを硬直させたように見えたアッパーカットで印象を残したカリフォルニアンにとって、コンディショニングが大きな役割を果たしたことは明らかだ。

 ミオシッチ(9勝0敗)はスタンドでも食い下がり、2ラウンドには息切れを起こした対戦相手に付け入り、デルロサリオを容易くテイクダウンすると重たいヒジを打ち下ろした。デルロサリオの顔面は鮮血に染まり、有効な防御を行なうことも難しくなり、レフリーのイーヴ・ラヴィーンが3分14秒が試合をストップすることとなった。

無敗のスタイプ・ミオシッチが試合後インタビューで語らなくてはならなかったことを聞いてみよう

レイバー・ジョンソン VS ステファン・ストルーブ

 MMAでヘビー級のランカーが相手を引き込むシーンを観るのは稀なことだ。しかしもし身長が212センチもあるならば、そこから技を仕掛けるのはむしろ簡単なことなのかも知れない。そして試合の序盤にステファン・ストルーブはハード・パンチャーのレイバー・ジョンソンに組み付かれると見事に相手を引き込んだ訳だが、カリフォルニアンはさぞかし驚かされたことだろう。なぜならその直後、たった65秒でジョンソンはアームバーにタップすることを余儀なくされていたからだ。

 「十字が取れる感触があったんだ…。彼は凄いパンチャーだからね。彼が試合に勝てるチャンスを少しでも与える必要なんて無いだろ?」3連勝を挙げたストルーブ(28勝5敗)は語った。

 パット・バリー戦で勝利を挙げ、この試合に臨んだジョンソンだったがその戦績を17勝6敗に落とした。

ストルーブの試合後インタビューはこちら

メディア

最新
In episode two of On the Fly: Fight Night Stockholm, Ilir Latifi, one of the true gentlemen of MMA, takes us on a tour of Stockholm as the excitement builds for UFC Fight Night on October 4th.
2014/10/01
UFC 178で物議を醸した一戦の後、バックステージでヨエル・ロメロとティム・ケネディが言葉を交わす。UFC 178のリプレイはUFC.tvでお楽しみ下さい!
2014/09/30
UFC公式ランキングをファンの為に一層深く分析する新たな週刊レポートをUFC.comが開始。その名もランキング・レポート!今週はマット・パリーノとフランク・ミアがドミニク・クルーズやコナー・マグレガーにまつわる最新の動きを分析。
2014/09/30
開催が迫るアルティメット・ファイター・フィナーレ大会のセミ・メインイベントに関する緊急ニュース!
2014/09/30