UFC 152 回顧録

ジョーンズは骨の髄まで王者だ

その仕事が簡単に見えるという意味で、ジョン・ジョーンズは信じがたいほどの才能に恵まれたファイターだ。5度のタイトル戦で、マウリシオ・“ショーグン”・フアクイントン・“ランペイジ”・ジャクソンラシャド・エヴァンスリョート・マチダビトー・ベウフォートと対戦しており、いずれもが元王者だ。そしてすべての試合で圧倒的な勝利を収めた。

しかし、UFC 152におけるベウフォートとの試合は、その若いキャリアが最も脅かされた瞬間だったといえる。第1ラウンド、ジョーンズは右腕をベウフォートの腕ひしぎにとらえられた。ジョーンズは立ち上がって腕を引き抜こうとしたが、それが却って腕をさらに引き伸ばしてしまう結果につながった。対戦相手のベウフォートは実際、ジョーンズの腕がいびつな形にねじれるのを見たし、関節が弾ける音を聞いたという。

それでもジョーンズは戦うのをやめなかった。タップを拒否し、腕が折れるのを覚悟で試合を続行した。つまり、ベウフォートがベルトを奪うためには、ジョーンズの腕を引きちぎる必要があった。

ジョーンズはなんとかその腕を引き抜くことに成功した。後遺症が残るかどうかを時のみが知ることなので、タップしなかったことが長い目でみて正しい選択だったのかどうかは現時点では分からない。しかし、このシーンは一つの疑問に答えを出すことになった。その疑問とは、「ジョーンズは相手の脅威にさらされた時、どのような反応を示すのか?」というものだ。

答えは右のようなものだ:ジョーンズは落ち着きを失わず、慎重に構えて、勝利への道筋を冷静に見極める。

このようなメンタリティは教えて身につくものではない。先天的に備わっているか、備わっていないかのどちらだ。

もし腕に後遺症が残っていないとしたら、ジョーンズはさらなる高みに上り詰めたことになるだろう。

ジョーンズの次の対戦相手は?

ジョーンズはすでにライトヘビー級を征服したかにみえる。とはいえ、彼の対戦リストにはまだ下記のファイターたちの名前が欠けている。

ダン・ヘンダーソンアレクサンダー・グスタフソンアンデウソン・シウバの3人だ。

ショーグン、リョート、ランペイジ、エヴァンスには悪いが、彼らはジョーンズに圧倒された。リマッチをしても同じ結果に終わるだろう。

フィル・デイビス候補だが、彼はエヴァンスに圧倒された。すべての面でエヴァンスに劣るとみていい。

それでは、3人の候補を順々にみていこう。

ダンヘンは二度目の黄金期を迎えており、過去8試合で7勝している。ダンヘンはアップセットを演じる上で完璧な条件を満たしている。彼は元五輪代表のレスラーで、ジョーンズのこれまでの対戦相手のように簡単にテイクダウンされることはないだろう。さらにダンヘンには鉄の顎があるので、3発ぐらいパンチをもらっても平気だ。その間にMMA史上屈指の威力を誇る右パンチを相手にぶち込む可能性もある。さらに言うと、ジョーンズは次の対戦相手に、ダンヘンを指名している。試合が実現する可能性は非常に高いだろう。

グスタフソンも面白い相手だ。この25歳のスウェーデン人はジョーンズを除けば、この階級で最も高い潜在能力を誇るファイターだ。5連勝中で、初のタイトル挑戦権を手にする資格も十分だ。背が高く、リーチがあり、傑出したボクシングテクニックを持つ。ただ、レスリング能力に欠けるのが弱点か。数年前、フィル・デイビスはそこにつけこみ、印象的な勝利を挙げてみせた。ジョーンズ相手にも同じことが起きる可能性がある。とはいえ、グスタフソンのボクシング能力を考えれば、すべてが可能だ。

最後はシウバvsジョーンズだ。これ以上の説明が必要だろうか? この一戦は史上空前のイベントになるだろうし、これに勝利すればシウバは史上最強の名を欲しいままにするはずだ。問題は、お互いが対戦することに興味を抱いていない点にあるだろう。シウバはジョルジュ・サンピエール(以下GSP)と対戦することに焦点を当てている。GSPがカーロス・コンディットを倒せば、この二人はパウンド・フォー・パウンドの称号をかけて激突する可能性がある。両者の体のサイズを考慮すれば、シウバvsGSPの方が実現する可能性は高い。しかしシウバがGSPを下せば、自ずとジョーンズvsシウバに向けた期待は高まるだろう。

メディア

最新
ジ・アルティメット・ファイター 19、エピソード 2のオクタゴン・フォトを見てみよう。本エピソードではヘクター・ウルビーナ対キャサル・ペンドレッドをフィーチャー。
2014/04/23
ジ・アルティメット・ファイター 19:ビフォー&アフター・フォト
2014/04/23
UFC 172ではライトヘビー級王者ジョン・ジョーンズが七度目の王座の防衛を狙う。またアンソニー・ジョンソンがオクタゴンに復帰。果たしてUFCライトヘビー級の勢力図はどのように書き換えられるのか...?日本時間4月27日に開催されるUFC 172(日本国内ではWOWOWがライブ中継を担当)を見逃すな!
2014/04/21
UFC 172が迫る中、UFCレポーターのミーガン・オリヴィがUFCレジェンドのチャック・リデルにインタビュー。ジ・アイスマンは自身のキャリアを振り返り、グローヴァー・テイシェイラとUFCライトヘビー級王者ジョン・ジョーンズの一戦を予想。インタビューのノーカット映像はファイトパスでお楽しみ下さい!
2014/04/23